お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-02-19 09:45
[特別講演]北海道大学におけるデータサイエンス人材育成の取組 ~ 創造人材育成基盤構築: 大学教育の新機能実装の試み ~
長谷山美紀大本 亨湧田雄基北大
抄録 (和) 数理的思考に基づくデータサイエンスを駆使し活躍する人材の育成を目指し,平成28年12月に,「数理及びデータサイエンスに係る教育強化」の拠点校が選定された.本学では,平成29年7月に,数理・データサイエンス教育研究センターを設置し,学部における数理・データサイエンス教育を進めている.また,平成30年度より,修士課程教育については,文部科学省「超スマート社会の実現に向けたデータサイエンティスト育成事業」に採択され,博士課程人材育成に関しては,文部科学省「データ関連人材育成プログラム(Doctoral program for Data-Related InnoVation Expert(D-DRIVE))に採択され事業を開始した.本稿では,北海道大学における学部・修士・博士を対象としたデータサイエンス教育の概要を紹介する. 
(英) Hokkaido University was selected as one of six schools for “Strengthening Education on Mathematics and Data Science” with the goal of fostering human resources utilizing data science based on mathematical thinking.
In our university, a mathematical and data science education research center was established in July of 2017, and mathematical and data science education for undergraduates is being implemented. In addition, since 2018, the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology Projects, the “data scientist development project” to realize a “Super Smart Society” and the “data-related human resource development program (D-DRIVE: Data-Related Innovation Expert),” have been started for master's and doctoral students, respectively. In this paper, we introduce the outline of data science education for undergraduate, master's, and doctoral degrees at Hokkaido University.
キーワード (和) 数理・データサイエンス教育 / 人材育成 / 超スマート社会 / / / / /  
(英) Mathematical and Data Science Education / Human Resource Development / Super Smart Society / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 5, ME2019-23, pp. 1-2, 2019年2月.
資料番号 ME2019-23 
発行日 2019-02-12 (MMS, HI, ME, AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME IEICE-IE IEICE-ITS MMS HI AIT  
開催期間 2019-02-19 - 2019-02-20 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英) Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2019-02-ME-IE-ITS-MMS-HI-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 北海道大学におけるデータサイエンス人材育成の取組 
サブタイトル(和) 創造人材育成基盤構築: 大学教育の新機能実装の試み 
タイトル(英) Efforts of Hokkaido University to Develop Data Science Human Resources 
サブタイトル(英) Construction of a foundation for creative human resource development: attempts to implement new functions of university education 
キーワード(1)(和/英) 数理・データサイエンス教育 / Mathematical and Data Science Education  
キーワード(2)(和/英) 人材育成 / Human Resource Development  
キーワード(3)(和/英) 超スマート社会 / Super Smart Society  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷山 美紀 / Miki Haseyama /
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大本 亨 / Toru Ohmoto /
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 湧田 雄基 / Yuki Wakuda /
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-02-19 09:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-MMS2019-1,ITE-HI2019-1,ITE-ME2019-23,ITE-AIT2019-1 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.5 
ページ範囲 pp.1-2 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-MMS-2019-02-12,ITE-HI-2019-02-12,ITE-ME-2019-02-12,ITE-AIT-2019-02-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会