お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-02-20 13:45
視線データを用いた画像注視時に誘起される感情の推定に関する検討 ~ KDLPCCAに基づく特徴変換の導入による高精度化 ~
松井太我斉藤直輝小川貴弘北大)・浅水 仁釧路高専)・長谷山美紀北大
抄録 (和) 本文では,視線特徴と画像特徴の非線形相関に注目した,画像注視時に誘起されるユーザの感情推定手法を提案する.提案手法では,Kernel Discriminative Locality Preserving Canonical Correlation Analysis (KDLPCCA) により,画像特徴を視線特徴との相関を最大とする空間へ射影することで得られた新たな特徴を用いて,感情を推定する.KDLPCCAにより,非線形性,クラス情報および局所性を考慮した特徴変換が可能となるため,提案手法では,高精度な感情推定の実現が期待できる. 
(英) This paper presents an estimation method for emotion evoked by watching images focused on non-linear correlations of between gaze and visual features. The proposed method estimates the emotion using novel visual features obtained from original visual features projected to space that is maximized correlations of between gaze and visual features by Kernel Discriminative Locality Preserving Canonical Correlation Analysis (KDLPCCA). In the proposed method, the realization of accurate emotion estimation can be expected, since KDLPCCA performs the calculation of the novel visual features considering non-linear correlation, class information, and locality.
キーワード (和) 感情推定 / 視線データ / Kernel Discriminative Locality Preserving Canonical Correlation Analysis / / / / /  
(英) emotion estimation / gaze data / Kernel Discriminative Locality Preserving Canonical Correlation Analysis / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 5, ME2019-61, pp. 323-327, 2019年2月.
資料番号 ME2019-61 
発行日 2019-02-12 (MMS, HI, ME, AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME IEICE-IE IEICE-ITS MMS HI AIT  
開催期間 2019-02-19 - 2019-02-20 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英) Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2019-02-ME-IE-ITS-MMS-HI-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視線データを用いた画像注視時に誘起される感情の推定に関する検討 
サブタイトル(和) KDLPCCAに基づく特徴変換の導入による高精度化 
タイトル(英) A Note on Eye Gaze-based Estimation of Emotion Evoked by Watching Images 
サブタイトル(英) Performance Improvement via Feature Transformation Based on KDLPCCA 
キーワード(1)(和/英) 感情推定 / emotion estimation  
キーワード(2)(和/英) 視線データ / gaze data  
キーワード(3)(和/英) Kernel Discriminative Locality Preserving Canonical Correlation Analysis / Kernel Discriminative Locality Preserving Canonical Correlation Analysis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松井 太我 / Taiga Matsui / マツイ タイガ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 斉藤 直輝 / Naoki Saito / サイトウ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 貴弘 / Takahiro Ogawa / オガワ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅水 仁 / Satoshi Asamizu / アサミズ サトシ
第4著者 所属(和/英) 釧路工業高等専門学校 (略称: 釧路高専)
National Institute of Technology, Kushiro College (略称: NIT, Kushiro College)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷山 美紀 / Miki Haseyama / ハセヤマ ミキ
第5著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-02-20 13:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-MMS2019-39,ITE-HI2019-39,ITE-ME2019-61,ITE-AIT2019-39 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.5 
ページ範囲 pp.323-327 
ページ数 ITE-5 
発行日 ITE-MMS-2019-02-12,ITE-HI-2019-02-12,ITE-ME-2019-02-12,ITE-AIT-2019-02-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会