お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-08 15:35
[招待講演]学校教育におけるVRの活用
柴田隆史東京福祉大
抄録 (和) 本稿では,立体映像とVR技術の教育効果や利点を学校の授業において検討した2つの研究を紹介する.小学校の社会科の学習に立体映像を用いた研究からは,三次元空間や凹凸の理解に加え,平面映像ではあまり注目されない特定の場所に注意が向けられ,学習を深める効果があることが示された.またVR技術を用いた学習に関する研究からは,立体的に観察することがグループ活動における議論や学習を促す効果があることが示された.学校教育でVRを活用する際には,児童生徒の学習への積極的な態度や議論を促し,学習のめあてを達成するような使い方をすることが重要である. 
(英) In this paper, I describe two studies of conducting experimental classes in schools to evaluate the educational effects and advantages of using stereoscopic 3D images and virtual reality (VR) techniques in schools. In comparison with 2D educational material, 3D material can help students focus on specific parts in images as well as to understand 3D spaces and concavo–convex shapes. Furthermore, the experimental class using VR technique revealed that sharing the educational materials in 3D could promote the discussion related to the topic of learning in a group. The important thing to use VR in school education is to support students to achieve learning objectives in class by their active attitude and discussions.
キーワード (和) VR / 立体映像 / 教育 / 学校 / ICT / / /  
(英) virtual reality / stereoscopic 3D images / education / school / ICT / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 8, 3DIT2019-12, pp. 45-48, 2019年3月.
資料番号 3DIT2019-12 
発行日 2019-03-01 (HI, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DIT HI  
開催期間 2019-03-08 - 2019-03-08 
開催地(和) 工学院大学新宿キャンパス 
開催地(英) Kogakuin Univ. Tokyo Urban Tech Tower Campus 
テーマ(和) 【3DIT】立体映像、VR/AR映像の人間工学的研究、立体映像技術一般 【HI】視聴覚情報処理、視聴覚技術、ヒューマンインターフェース、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DIT 
会議コード 2019-03-3DIT-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 学校教育におけるVRの活用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Utilization of Virtual Reality in School Education 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) VR / virtual reality  
キーワード(2)(和/英) 立体映像 / stereoscopic 3D images  
キーワード(3)(和/英) 教育 / education  
キーワード(4)(和/英) 学校 / school  
キーワード(5)(和/英) ICT / ICT  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 隆史 / Takashi Shibata / シバタ タカシ
第1著者 所属(和/英) 東京福祉大学 (略称: 東京福祉大)
Tokyo University of Social Welfare (略称: Tokyo Univ. of Social Welfare)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-08 15:35:00 
発表時間 40 
申込先研究会 3DIT 
資料番号 ITE-HI2019-60,ITE-3DIT2019-12 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.8 
ページ範囲 pp.45-48 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2019-03-01,ITE-3DIT-2019-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会