映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-12 12:00
前景の影響による立体形状感の評価
夏井伸隆名手久貴石川和夫東京工芸大
抄録 (和) 2眼式立体画像を観察するとき,観察者は実際と異なる不自然な立体形状感を感じたと評価することがある.本実験では,立体感に影響を与える一要因と考えられるオクルージョンの影響について検討した.前景によって半遮蔽状態にある半円柱視標の左右エッジと中央の奥行き距離を計測し,主観的な視標の形状感を評価できるか簡単な実験を行った.実験の結果,遮蔽量の少ない条件では,左右・中央の計測値は理論値より僅かに圧縮する傾向が見られた.遮蔽量の大きい条件では,視標の左右・中央とも一定の値へ収束するが,理論値よりも伸張する傾向が見られた.視標の右側が大きく遮蔽される条件では,左エッジと中央は理論値に比べ圧縮され右エッジと同等の計測値になり,左右均等に圧縮された形状であると評価された. 
(英) When observing a binocular stereoscopic image, the observer sometimes evaluates that it felt unnatural. In this experiment, we examined occlusion, which is considered to be one of the factors affecting stereoscopic vision. We measured the depth distances of the left and right edges and the center of the target affected by half occlusion by the foreground. As a result of the experiment, under the condition that the shielding amount is small, the left and right and the center tend to compress slightly from the theoretical value. Under conditions with a large amount of shielding, the right and left and the center converge to a fixed value, but it stretched more than the theoretical value. In the condition that the amount of shielding on the right side of the target is large, the left and the center are compressed compared with the theoretical value and become equal to the right side.
キーワード (和) 立体視 / 半遮蔽 / オクルージョン / 立体形状感 / / / /  
(英) stereoscopic image / half cover / half occlusion / Three-dimensional shape feeling / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 9, AIT2019-62, pp. 49-52, 2019年3月.
資料番号 AIT2019-62 
発行日 2019-03-05 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2019-03-12 - 2019-03-12 
開催地(和) 早稲田大学 西早稲田キャンパス 
開催地(英) Waseda Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2019(Expressive Japan 2019) 
テーマ(英) Expressive Japan 2019 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2019-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 前景の影響による立体形状感の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of three-dimensional shape feeling by influence of foreground 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 立体視 / stereoscopic image  
キーワード(2)(和/英) 半遮蔽 / half cover  
キーワード(3)(和/英) オクルージョン / half occlusion  
キーワード(4)(和/英) 立体形状感 / Three-dimensional shape feeling  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 夏井 伸隆 / Nobutaka Natsui / ナツイ ノブタカ
第1著者 所属(和/英) 東京工芸大学工学研究科 (略称: 東京工芸大)
Tokyo Polytechnic University Graduate School of Engineering (略称: Tokyo Polytechnic Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 名手 久貴 / Hisaki Nate / ナテ ヒサキ
第2著者 所属(和/英) 東京工芸大学芸術研究科 (略称: 東京工芸大)
Tokyo Polytechnic University Graduate School of Arts (略称: Tokyo Polytechnic Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 和夫 / Kazuo Ishikawa / イシカ ワカズオ
第3著者 所属(和/英) 東京工芸大学工学研究科 (略称: 東京工芸大)
Tokyo Polytechnic University Graduate School of Engineering (略称: Tokyo Polytechnic Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-12 12:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AIT 
資料番号 ITE-AIT2019-62 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.49-52 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2019-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会