映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-12 10:45
情動知覚における音声と文字デザインの相互作用に関する研究
小泉剛也菊池 司東京工科大
抄録 (和) テレビ番組などで多用される「発言テロップ」のフォントに着目し,フォントの変化によって視聴者が映像内の発言から受け取る感情に変化が現れるかを調査した.喜び,悲しみ,怒り,恐れ,愛情といった5種類の「情動」について,フォント,音声,テロップ付き映像それぞれから受け取る感度の強さを調べ,テロップ付き映像の情動の評価が,音声よりもテロップの評価に影響を受けたものになるかを検証することで結論を出した.結果として,強く感じさせる情動が異なるフォントと音声の組み合わせの場合,視聴者は音声よりフォントからの情動をより強く知覚することが分かった. 
(英) I focused on fonts of "utterance telop" often used in television programs and the like, I investigated whether changes in the emotion received by the viewer from the speech in the video appear depending on the change in the font. I investigated the strength of sensitivity received from fonts, sounds, and video with a telop with respect to five kinds of "emotions" such as joy, sorrow, anger, fear, love. I made a conclusion by verifying whether the evaluation of the emotion of a video with a telop is influenced by the evaluation of telop rather than voice. As a result, we found that when we combine fonts and sounds with different emotions, the viewer feels stronger the emotion from the font than the voice.
キーワード (和) 情動 / 視聴覚 / テロップ / デザイン / フォント / / /  
(英) emotion / audiovisual / telop / design / font / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 9, AIT2019-50, pp. 5-8, 2019年3月.
資料番号  
発行日 2019-03-05 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2019-03-12 - 2019-03-12 
開催地(和) 早稲田大学 西早稲田キャンパス 
開催地(英) Waseda Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2019(Expressive Japan 2019) 
テーマ(英) Expressive Japan 2019 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2019-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 情動知覚における音声と文字デザインの相互作用に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on the interaction between speech and character design in emotional perception 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情動 / emotion  
キーワード(2)(和/英) 視聴覚 / audiovisual  
キーワード(3)(和/英) テロップ / telop  
キーワード(4)(和/英) デザイン / design  
キーワード(5)(和/英) フォント / font  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小泉 剛也 / Takeya Koizumi / コイズミ タケヤ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 司 / Tsukasa Kikuchi / キクチ ツカサ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-12 10:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2019-50 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2019-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会