映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-12 14:00
歪みに関する聴覚特性の分析
小野優馬越智景子大淵康成東京工科大
抄録 (和) 近年、商業的に高い音圧の楽曲が好まれやすいことから音圧をできる限り高めようとする現象が起きており、その結果として音に歪みが生じてしまうことがある。
本研究の目的は歪が生じた際の物理的な歪みと知覚的な歪みの関係性を明らかにすることである。そのため意図的に波形に歪みを加えた音源を用いて、主観的に歪みに気づくかどうかを調べる聴取実験を行った。その結果ある段階を超えると急に歪を感じる点があることが分かり、不協和音、高周波成分が歪を気づきにくくすることが示唆された。 
(英) Recent commercial trends for high sound pressure music brought about the modification of music so as to increase the sound pressure, which may result in sound distortion. In this paper, we try to clarify the relationship between the physical and perceptual distortion. We conducted a set of listening tests to examine whether the listeners may notice the distortion, by using several pieces of artificially distorted sound. As a result, it was found that there was a threshold above which the listeners notice the distortion much easier. It was also suggested that the distortion is less noticeable if dissonance or high frequency component exists.
キーワード (和) 音楽 / 知覚特性 / 聴覚 / ディストーション / / / /  
(英) Music / Perceptual characteristics / Auditory / Distortion effect / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 9, AIT2019-147, pp. 345-346, 2019年3月.
資料番号  
発行日 2019-03-05 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2019-03-12 - 2019-03-12 
開催地(和) 早稲田大学 西早稲田キャンパス 
開催地(英) Waseda Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2019(Expressive Japan 2019) 
テーマ(英) Expressive Japan 2019 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2019-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 歪みに関する聴覚特性の分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of auditory characteristics of distorted music 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音楽 / Music  
キーワード(2)(和/英) 知覚特性 / Perceptual characteristics  
キーワード(3)(和/英) 聴覚 / Auditory  
キーワード(4)(和/英) ディストーション / Distortion effect  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 優馬 / Yuma Ono / オノ ユウマ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 越智 景子 / Keiko Ochi / オチ ケイコ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大淵 康成 / Yasunari Obuchi / オオブチ ヤスナリ
第3著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-12 14:00:00 
発表時間 135 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2019-147 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.345-346 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-AIT-2019-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会