映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-12 11:15
A Mobile VR Museum of SATREPS BHUTAN Project ~ ブータン国民に向けたSATREPS(ブータン)プロジェクトの広報用VRコンテンツ ~
大橋さゆり太田 拓中川 隆名市大
抄録 (和) 本作品はブータン国民に向けたSATREPS(ブータン)プロジェクトの広報用VRコンテンツである. VR空間を,研究プロジェクトの成果報告の場として活用することを意図した.この場を「バーチャル・ミュージアム」の可能性の一形態として捉え,VR空間内には,SATREPS(ブータン)プロジェクトに関連する資料や360度映像等を展示した.多くのブータン国民に体験してもらう機会を考慮し,可搬性等に優れ,かつ安価なスタンドアロン型VRヘッドセットであるOculus Goでの体験を前提としている.当プロジェクトの活動内容の周知を通して,ブータン国民の減災意識を高めることを目的としており, ブータン人が自然にVR空間内に没入できるよう,ブータンの文化に寄り添った空間デザインとシンプルな操作性を目指した.体験者はOculus Goコントローラーを使ってVR空間を移動しながら展示物を自由に観賞・体験する事が可能である. 
(英) We propose a public information VR content of SATREPS BHUTAN project for Bhutanese people. We planned to use the VR space as an exhibition site to report the results of the research project. This VR space is regarded as one form of "virtual museum" possibility, and in the space, materials related to the project are installed. In consideration of opportunities for many Bhutanese people to experience, it’s based on experiences of Oculus Go which is a portable stand-alone VR headset that is excellent in portability and is inexpensive. Our purpose is to increase disaster mitigation awareness among Bhutanese people through the project’s activities, so we have aimed at the space design suitable for the Bhutan's culture and simple operation. Players can freely experience the activities while moving in the VR space using the Oculus Go controller.
キーワード (和) VR / ブータン王国 / SATREPS / モバイルVR / バーチャル・ミュージアム / Mobile VR museum / /  
(英) VR / Kingdom of Bhutan / SATREPS / Mobile VR / Virtual museum / Mobile VR museum / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 9, AIT2019-93, pp. 165-168, 2019年3月.
資料番号  
発行日 2019-03-05 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2019-03-12 - 2019-03-12 
開催地(和) 早稲田大学 西早稲田キャンパス 
開催地(英) Waseda Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2019(Expressive Japan 2019) 
テーマ(英) Expressive Japan 2019 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2019-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) A Mobile VR Museum of SATREPS BHUTAN Project 
サブタイトル(和) ブータン国民に向けたSATREPS(ブータン)プロジェクトの広報用VRコンテンツ 
タイトル(英) A Mobile VR Museum of SATREPS BHUTAN Project 
サブタイトル(英) A Public Information VR Content of SATREPS BHUTAN Project for Bhutanese People 
キーワード(1)(和/英) VR / VR  
キーワード(2)(和/英) ブータン王国 / Kingdom of Bhutan  
キーワード(3)(和/英) SATREPS / SATREPS  
キーワード(4)(和/英) モバイルVR / Mobile VR  
キーワード(5)(和/英) バーチャル・ミュージアム / Virtual museum  
キーワード(6)(和/英) Mobile VR museum / Mobile VR museum  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大橋 さゆり / Sayuri Ohashi / オオハシ サユリ
第1著者 所属(和/英) 名古屋市立大学大学院 (略称: 名市大)
Nagoya City University graduate school (略称: NCU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 拓 / Taku Ota / オオタ タク
第2著者 所属(和/英) 名古屋市立大学大学院 (略称: 名市大)
Nagoya City University graduate school (略称: NCU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 隆 / Ryu Nakagawa /
第3著者 所属(和/英) 名古屋市立大学大学院 (略称: 名市大)
Nagoya City University graduate school (略称: NCU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-12 11:15:00 
発表時間 135 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2019-93 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.165-168 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2019-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会