映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-12 11:45
バランスの自動調整機能を有するヤジロベエのデザイン支援手法
李 逸康謝 浩然宮田一乘北陸先端大
抄録 (和) ヤジロベエは日本の伝統的な玩具である。伝統的な構造は三つのパーツで構成されていて、中央のパーツは人の形をしており、人の腕に見立てた細い棒で左右に錘を連結することでバランスをとり、揺らしても倒れない性質が特徴の玩具である。揺らしても倒れない原理はヤジロベエの重心位置が支点の鉛直下にあることであるが、実際にデザインする際、重心位置を把握するのが難しい。更に、左右で異なるパーツを用いると重量の差が生じるため、よりデザインが困難になる。
本研究ではヤジロベエをより簡単にデザインできるようにするため、自動的にヤジロベエのバランスを調節できるデザイン支援システムの実現を目指した。 
(英) The balance toy is traditional and popular toy, called YAJIROBEE in Japan. The common structure of this balance toy is composed of three parts: the central part with a thin rob (e.g., shape of human), the left and right parts which are connected with some heavier objects. Within this structure, the balance toy can maintain a good balance. The toy does not drop down even with shaking. The principle of this type of balance toy is that the position of center of mass should be below the vertical direction of the fulcrum. However, it is difficult to find the center of mass position in actual design for common users. If the shapes of the left and right parts are different, the design work is more difficult. The purpose of this study is to help common users design the balance toy easily. We propose the user interface for the design support of balance toy in which the user can adjust the balance of the toy.
キーワード (和) ヤジロベエ / 自動調整 / ユーザインタフェース / デザイン支援システム / / / /  
(英) balance toy / automatically adjust / user interface / design support system / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 9, AIT2019-61, pp. 45-48, 2019年3月.
資料番号  
発行日 2019-03-05 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2019-03-12 - 2019-03-12 
開催地(和) 早稲田大学 西早稲田キャンパス 
開催地(英) Waseda Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2019(Expressive Japan 2019) 
テーマ(英) Expressive Japan 2019 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2019-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) バランスの自動調整機能を有するヤジロベエのデザイン支援手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Design Interface for Balance Toy Using Automatic Weight Adjustment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ヤジロベエ / balance toy  
キーワード(2)(和/英) 自動調整 / automatically adjust  
キーワード(3)(和/英) ユーザインタフェース / user interface  
キーワード(4)(和/英) デザイン支援システム / design support system  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 逸康 / YiKang Li / リ イツコウ
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 謝 浩然 / Haoran Xie / シャ コウゼン
第2著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮田 一乘 / Kazunori Miyata / ミヤタ カズノリ
第3著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-12 11:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2019-61 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.45-48 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2019-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会