映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-12 11:15
AR技術を用いたリフティング訓練システムの開発
渋谷新樹戀津 魁柿本正憲東京工科大
抄録 (和) スポーツ上達のための身体動作訓練を効率よく行うための実験として、AR技術を用いたリフティング訓練システムを開発した。ARデバイスの透過ディスプレイ上に表示された仮想上のボールに対して、現実の自分の足でリフティングを行う。リフティングは重力と反発方向のばらつきにより、訓練の継続が難しい。本システムでは、ARデバイスを用い、仮想空間で重力と反発方向を制御することにより、初級者でも訓練を継続できるようアシストをする。足の位置の推定にはARマーカーを用いる。また、ボールを蹴ったときに触覚、聴覚のフィードバックを追加することにより、リアリティを高める。 
(英) We developed a lifting training system using AR technology as an experiment for efficiently carrying out physical exercise training for improving sports. Kick the real foot against the virtual ball displayed on the transparent display of the AR device. Lifting is difficult to continue training due to gravity and variation in direction of repulsion. In this system, by using AR device, by controlling gravity and repulsion direction in virtual space, assist the beginner to continue training. Use the AR marker for estimating the position of the foot. Moreover, by adding tactile and auditory feedback when kicking the ball, it increases reality.
キーワード (和) AR / リフティング / 身体動作 / / / / /  
(英) AR / Lifting / Physical Exercise / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 9, AIT2019-95, pp. 171-172, 2019年3月.
資料番号  
発行日 2019-03-05 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2019-03-12 - 2019-03-12 
開催地(和) 早稲田大学 西早稲田キャンパス 
開催地(英) Waseda Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2019(Expressive Japan 2019) 
テーマ(英) Expressive Japan 2019 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IIEEJ 
会議コード 2019-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) AR技術を用いたリフティング訓練システムの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of lifting training system using the AR technology 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) AR / AR  
キーワード(2)(和/英) リフティング / Lifting  
キーワード(3)(和/英) 身体動作 / Physical Exercise  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渋谷 新樹 / Shinju Shibuya / シブヤ シンジュ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 戀津 魁 / Lenz Kai /
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柿本 正憲 / Masanori Kakimoto /
第3著者 所属(和/英) 東京工科大学/ドワンゴCGリサーチ (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology/Dwango CG Research (略称: TUT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-12 11:15:00 
発表時間 135 
申込先研究会 IIEEJ 
資料番号 ITE-AIT2019-95 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.171-172 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-AIT-2019-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会