映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-12 13:00
テクスチャレスなシーンにおけるDiminished Reality
南木由華高橋裕樹電通大
抄録 (和) 実在する実物体を視覚的に消し去るDR(Diminished Reality)は様々な場面で活用が期待されている.しかし,テクスチャレスなシーンにおいては適切な物体除去が困難であるという課題がある.本稿ではテクスチャレスなシーンに対して物体除去を実現する手法を提案する.幾何情報に基づいたDRを行うため,各背景平面領域に分割して隠背景補完を行う.背景平面領域を求めるため,LSD(Line Segment Detector)とHough変換,共点条件を用いることで背景平面境界を求める.除去物体の追跡は,除去物体から抽出された特徴点をマッチングすることで行う.2次元隠背景補完では各フレームごとに背景平面領域を求め,インペインティングを行う.3次元隠背景補完では3次元再構成された背景境界線分を投影した線分から各背景平面領域を求め,インペインティングを行う.インペインティングは初期フレームのみに行い,その後のフレームでは補完背景画像を重畳させることで隠背景補完を行う. 
(英) Diminished Reality (DR), which removes real objects visually, is expected in various scenes. It is, however, difficult to remove an object in some scenes with textureless backgrounds. This paper, therefore, proposes a method to realize DR in textureless scenes. Missing backgrounds are filled by each divided background plane based on geometric information. The background is divided by boundaries of the background planes obtained by using Line Segment Detector (LSD), Hough transformation and the condition for concurrency of three straight lines. A removal object is tracked by feature point matching. 2D missing background completion fills in background plane regions obtained at each frame. In 3D background completion, missing backgrounds are filled in the first frame. Background regions obtained by projecting background boundaries are overlaid by the complemented backgrounds.
キーワード (和) DR / テクスチャレスシーン / / / / / /  
(英) DR / Textureless scene / / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 9, AIT2019-70, pp. 81-84, 2019年3月.
資料番号  
発行日 2019-03-05 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2019-03-12 - 2019-03-12 
開催地(和) 早稲田大学 西早稲田キャンパス 
開催地(英) Waseda Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2019(Expressive Japan 2019) 
テーマ(英) Expressive Japan 2019 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2019-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) テクスチャレスなシーンにおけるDiminished Reality 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Diminished Reality in Textureless Scenes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DR / DR  
キーワード(2)(和/英) テクスチャレスシーン / Textureless scene  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 南木 由華 / Yuka Namboku / ナンボク ユカ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 裕樹 / Hiroki Takahashi /
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-12 13:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2019-70 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.81-84 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2019-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会