映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-12 14:00
サッカーゲームにおける選手の姿勢に基づく移動可能範囲の可視化手法の提案
青柳柊人兼松祥央三上浩司東京工科大
抄録 (和) 本研究ではサッカーゲームの初心者の状況判断を支援することを目的とした。筆者らは動作開始時の姿勢による動き出しにかかる時間や、走行中の方向転換にかかる時間、直線に走行するときの速度などについて調査した。この調査結果を基に移動可能範囲を計算し、可視化するシステムを開発した。その結果、状況によって変化する敵や味方の移動範囲が可視化でき、パスの成功の可否が分かりやすくなった。 
(英) The purpose of this research is to support the situation judgment of beginners of soccer games. The authors investigated the time taken to start moving due to the posture at the start of operation, the time taken for turning during running, the speed when traveling on a straight line, and the like. Based on this survey, we have developed a system to calculate and visualize the movable range. As a result, the movable range of the enemies and allies that change depending on the situation can be visualized, and the success or failure of the pass becomes easy to understand.
キーワード (和) サッカーゲーム / 姿勢 / 移動可能範囲 / 可視化 / / / /  
(英) Soccer Video Game / Posture / Movable Area / Visualization / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 9, AIT2019-166, pp. 405-408, 2019年3月.
資料番号  
発行日 2019-03-05 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2019-03-12 - 2019-03-12 
開催地(和) 早稲田大学 西早稲田キャンパス 
開催地(英) Waseda Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2019(Expressive Japan 2019) 
テーマ(英) Expressive Japan 2019 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2019-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サッカーゲームにおける選手の姿勢に基づく移動可能範囲の可視化手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of Visualization Method of Movable Area Based on Player's Posture in Soccer Video Game 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サッカーゲーム / Soccer Video Game  
キーワード(2)(和/英) 姿勢 / Posture  
キーワード(3)(和/英) 移動可能範囲 / Movable Area  
キーワード(4)(和/英) 可視化 / Visualization  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青柳 柊人 / Shuto Aoyagi / アオヤギ シュウト
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 兼松 祥央 / Yoshihisa Kanematsu / カネマツ ヨシヒサ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三上 浩司 / Koji Mikami / ミカミ コウジ
第3著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-12 14:00:00 
発表時間 135 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2019-166 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.405-408 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2019-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会