映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-12 16:15
剣影侠跡
夏 来沢永江孝規工芸大
抄録 (和) 本作品は剣士をテーマにしたメディア・アート作品である。単なる伝統武術の動きを再現することだけでなく、その上で想像力と技術を結合して体験者に面白さ感じさせることを目的としている。
中国と日本の古代武術に基づいて、新時代ゲームエンジンのリアルタイムレンダリング機能を通じて新しい効率的な3DCGアニメーション製作の流れを研究するために作った。なお、マズローの欲求段階説に応じて、生理の欲求から精神の欲求に至るまで、3DCGアニメーターとしてどのようにユーザーが一歩ずつ満足できるようになるかを説明する。
「手ごたえがいい、その動きの後ろの文化背景も知りたい」体験者にそう実感してもらいたい。 
(英) This work is a media art work which designates the swordman as theme. It is not just reducing the traditional martial arts motion, It aims to combine the imagination and technology to make experiencers feel interesting.
We did the animation which Based on the ancient martial arts of China and Japan for studing the new efficient production flow of 3DCG through Unreal engine’s real time rendering function. Furthermore, according to Maslow's desire stage theory, explain how to satisfy users as a 3DCG animator from desire of physiology to spirit step by step. I'd like to encourage experienced people to feel like "that has a good response, and I want to know the background behind that motion".
キーワード (和) メディア・アート / インタラクティブCG / アニメーション / / / / /  
(英) Media Art / Interactive CG / Animation / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 9, AIT2019-90, pp. 157-160, 2019年3月.
資料番号 AIT2019-90 
発行日 2019-03-05 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2019-03-12 - 2019-03-12 
開催地(和) 早稲田大学 西早稲田キャンパス 
開催地(英) Waseda Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2019(Expressive Japan 2019) 
テーマ(英) Expressive Japan 2019 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2019-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 剣影侠跡 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The vestige of sword and hero 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) メディア・アート / Media Art  
キーワード(2)(和/英) インタラクティブCG / Interactive CG  
キーワード(3)(和/英) アニメーション / Animation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 夏 来沢 / Laize Xia / カ ライタク
第1著者 所属(和/英) 東京工芸大学 (略称: 工芸大)
Tokyo Polytechnic University (略称: TPU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 永江 孝規 / Takanori Nagae / ナガエ タカノリ
第2著者 所属(和/英) 東京工芸大学 (略称: 工芸大)
Tokyo Polytechnic University (略称: TPU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-12 16:15:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AIT 
資料番号 ITE-AIT2019-90 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.157-160 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2019-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会