映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-22 13:30
180nm CMOSプロセスを用いた32×32画素並列VCO型ADC構成テラヘルツイメージセンサ
金澤悠里横山紗由里池上高広Prasoon Ambalathankandy平松正太佐野栄一北大)・瀧田佑馬南出泰亜理研)・池辺将之北大
抄録 (和) テラヘルツ波を用いたイメージングが注目される一方で,用いるイメージセンサ自体が高価である問題があった.この問題に対し,アンテナ型CMOSテラヘルツイメージャは高速で動作する安価なテラヘルツイメージャであるが,読み出しアーキテクチャによっては,その性能を十分に発揮できないという問題を抱えていた.本研究ではこの問題に対し,ピクセル並列アーキテクチャを採用したアンテナ型CMOSテラヘルツイメージャを提案する.本イメージャは,ピクセル並列・VCO-Based ADCアーキテクチャによるグローバルシャッタ動作・ディジタルCDSの実現,218kV/W@0.93THzの応答性を持つ低消費電力テラヘルツ波検出回路の構築,また,安価な180nm Si-CMOSプロセスを用いたリアルタイムテラヘルツイメージングの実現を達成するものである. 
(英) A terahertz imaging has attracted attention. However, it is problem that conventional terahertz imagers are expensive. An antenna-type terahertz imager is cheap and works faster than previous ones, but whether it can demonstrate its own performance depends on its readout architecture. In this work, we propose fully pixel parallel CMOS terahertz images sensor. Our terahertz imager achieves “global shutter function and digital CDS function thanks to pixel parallel architecture and its VCO-Based ADC”, “high responsivity (218kV/W@0.93THz) in low power consumption CMOS terahertz detecting circuit” and “the real-time terahertz imaging on cheap 180nm Si-CMOS process.”
キーワード (和) テラヘルツ / イメージセンサ / 0.18μm CMOS / VCO-Based ADC / ピクセル並列 / / /  
(英) terahertz / image sensor / 0.18μm CMOS / VCO-Based ADC / pixel-parallel / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 11, IST2019-18, pp. 33-36, 2019年3月.
資料番号 IST2019-18 
発行日 2019-03-15 (IST) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IST  
開催期間 2019-03-22 - 2019-03-22 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 固体撮像技術および一般 
テーマ(英) Image Sensors, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2019-03-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 180nm CMOSプロセスを用いた32×32画素並列VCO型ADC構成テラヘルツイメージセンサ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A 32X32-Pixel 0.9THz Imager with Pixel-Parallel 12b VCO-Based ADC in 0.18μm CMOS 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) テラヘルツ / terahertz  
キーワード(2)(和/英) イメージセンサ / image sensor  
キーワード(3)(和/英) 0.18μm CMOS / 0.18μm CMOS  
キーワード(4)(和/英) VCO-Based ADC / VCO-Based ADC  
キーワード(5)(和/英) ピクセル並列 / pixel-parallel  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金澤 悠里 / Yuri Kanazawa / カナザワ ユウリ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横山 紗由里 / Sayuri Yokoyama / ヨコヤマ サユリ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 池上 高広 / Takahiro Ikegami / イケガミ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Prasoon Ambalathankandy / Prasoon Ambalathankandy /
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 平松 正太 / Shota Hiramatsu / ヒラマツ ショウタ
第5著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 栄一 / Eiichi Sano / サノ エイイチ
第6著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀧田 佑馬 / Yuma Takida / タキダ ユウマ
第7著者 所属(和/英) 理化学研究所 (略称: 理研)
RIKEN (略称: RIKEN)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 南出 泰亜 / Hiroaki Minamide / ミナミデ ヒロアキ
第8著者 所属(和/英) 理化学研究所 (略称: 理研)
RIKEN (略称: RIKEN)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 池辺 将之 / Masayuki Ikebe / イケベ マサユキ
第9著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-22 13:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2019-18 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.33-36 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IST-2019-03-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会