お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-06 13:30
近赤外カラー化技術の眼底カメラへの応用に関する検討
太田 淳竹原浩成春田牧人笹川清隆奈良先端大)・角 博文東大)・祖父江基史ナノルクス)・川崎 良西田幸二阪大
抄録 (和) 近赤外3波長を用いてカラー化を実現する近赤外カラー化技術の眼底カメラ応用について述べる.近赤外カラー化技術により,被験者の負担になる高強度フラッシュライトを不要とし,疑似的なカラー画像として出力することが可能である.また一人で眼底網膜像を撮像することが可能となる.本稿では,近赤外カラー眼底カメラ構築に必要な要素技術について報告する. 
(英) This paper describes the application of near infrared coloring technology to a fundus camera. By the near infrared coloring technology, it is possible to output as a pseudo color image without the high intensity flashlight which becomes a burden of the examinee. It is also possible to image the retinal image of the fundus by one person. In this paper, the elemental technology necessary for the construction of near infrared color fundus camera is reported.
キーワード (和) 眼底カメラ / 近赤外カラー化 / 高速ビジョンチップ / 網膜像 / / / /  
(英) Fundus camera / Near infrared colorization technology / High speed vision chip / Retinal image / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 13, IST2019-24, pp. 5-8, 2019年6月.
資料番号 IST2019-24 
発行日 2019-05-30 (IST, ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IST ME IEICE-BioX  
開催期間 2019-06-06 - 2019-06-07 
開催地(和) 金沢大学 サテライトプラザ 
開催地(英)  
テーマ(和) 画像入力デバイス、インタラクティブシステム、バイオメトリクス、マルチメディア及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2019-06-IST-ME-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 近赤外カラー化技術の眼底カメラへの応用に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Application of near infrared colorization technique for fundus cameras 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 眼底カメラ / Fundus camera  
キーワード(2)(和/英) 近赤外カラー化 / Near infrared colorization technology  
キーワード(3)(和/英) 高速ビジョンチップ / High speed vision chip  
キーワード(4)(和/英) 網膜像 / Retinal image  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 淳 / Jun Ohta / オオタ ジュン
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹原 浩成 / Hironari Takehara / タケハラ ヒロナリ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 春田 牧人 / Makito Haruta / ハルタ マキト
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹川 清隆 / Kiyotaka Sasagawa / ササガワ キヨタカ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 角 博文 / Hirofumi Sumi / スミ ヒロフミ
第5著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. Tokyo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 祖父江 基史 / Motoshi Sobue / ソブエ モトシ
第6著者 所属(和/英) 株式会社ナノルクス (略称: ナノルクス)
nanolux co. ltd. (略称: nanolux)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 川崎 良 / Ryo Kawasaki / カワサキ リョウ
第7著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 西田 幸二 / Kohji Nishida / ニシダ コウジ
第8著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-06 13:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2019-24,ITE-ME2019-72 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.13 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IST-2019-05-30,ITE-ME-2019-05-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会