映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-11 14:00
三次元映像の効用評価法の検証実験結果
蓼沼 眞NHK
抄録 (和) 二次元映像よりも高まることが予想される三次元映像の視覚心理的効用を客観的に示せる評価法を確立するため,その基盤となる評価語について検討を進めた.評定にはSD法を用いることとし,事前検討の結果,三次元映像の効用が表れやすいと予測される16評価語対を候補とした.二次元および三次元表示した4コンテンツを各々この評価語対で評定した結果,独立性が高くかつ,因子分析による4大因子における因子負荷量も高い8つの評価語対が明らかになった.この8評価語対で得られた4大因子得点は,その全てにおいて二次元映像と三次元映像との間に有意な差があった.また,速い運動視差があると三次元映像の効用が低下することも確認された. 
(英) In order to establish a method to estimate the visual psychological effects that are expected to be higher while viewing
three-dimensional images than two-dimensional ones, the author has considered about some fundamental impression words that should be
used for the estimation. The author decided to use SD method for the estimation, and selected 16 pairs of antonymous impression words as the major candidates throughout from the prior consideration. As the result of experimental estimations with the 16 pairs of antonymous impression words for two-dimensionally and three-dimensionally displayed four images, it became clear that 8 pairs out of them are highly independent from each other and have high influence in the four major factors. Whole factor scores calculated with the four major factors have significant difference between two-dimensional images and three-dimensional ones. It also became cleared that the efficiency of three-dimensionally displayed images decreases when the images include quick motion parallax.
キーワード (和) 三次元映像 / 効用評価 / SD法 / 因子得点 / / / /  
(英) 3D Images / Efficiency Estimation / SD Method / Factor Score / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 14, HI2019-65, pp. 97-102, 2019年6月.
資料番号 HI2019-65 
発行日 2019-06-03 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 HI IEICE-MVE VRSJ SIP  
開催期間 2019-06-10 - 2019-06-11 
開催地(和) 東京大学 山上会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 人工現実感,エンタテインメント,メディアエクスペリエンスおよび一般(電子情報通信学会MVE研究会, 情報処理学会EC研究会, HCI研究会, ヒューマンインタフェース学会SIG-DeMO研究会, VR学会と連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2019-06-HI-MVE-VRSJ-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 三次元映像の効用評価法の検証実験結果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Result of Inspective Experiment about the Method to Estimate Efficiency of 3D Images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 三次元映像 / 3D Images  
キーワード(2)(和/英) 効用評価 / Efficiency Estimation  
キーワード(3)(和/英) SD法 / SD Method  
キーワード(4)(和/英) 因子得点 / Factor Score  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 蓼沼 眞 / Makoto Tadenuma / タデヌマ マコト
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcating Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-11 14:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-HI2019-65 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.14 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 ITE-6 
発行日 ITE-HI-2019-06-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会