お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-23 13:40
[ポスター講演]ゲストホスト液晶を用いたPLフィルターの特性評価
伊藤雅浩田中洋樹福田枝里子須子浩行山口東理大)・田中優光古川真悟早田茂敏株式会社正興電機製作所)・高頭孝毅山口東理大
抄録 (和) 2色性色素を混合した液晶を用いたPLフィルターは既出の技術であるが,最近は,高濃度(8%)まで溶解可能な2色性色素が開発され,それを用いたゲストホスト液晶の反射光の遮光状況を報告する.1~8%まで溶解した液晶の特性と,2枚合わせたときの特性,そのうちの1枚を使ったPLフィルターの特性を評価した.色素濃度が濃い場合には,1枚のセルにおいてもコントラスト比が2になった.ラビングが直交するように組み合わせると,透過率は低いが,コントラスト比が向上した.また,カメラのレンズと被写体の間に設置した1枚の液晶セルを通して,反射光を遮蔽した.さらに,セルの電圧を制御することにより,反射光量も制御することができた. 
(英) PL filter using guest host liquid crystal device (GH-LCD: liquid crystal with dichroic dye) has already been developed. Recently, the solubility of dichroic dye is achieved up to 8%. We evaluated the voltage-dependent transmittance in the case of both single and double GH-LCDs and the shielding performance for reflected light as PL filter. In case of the dense concentration, contrast of GH-LCD was 2. When second GH-LCD was set to shield polarized light passed through first GH-LCD, the contrast ratios increased. The reflected light quantity through single GH-LCD was shielded and controlled as changing applied voltage.
キーワード (和) 二色性色素 / GH-LC / PL フィルター / / / / /  
(英) Dichroic dye / GH-LC / PL filter / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 1, IDY2020-9, pp. 29-32, 2020年1月.
資料番号 IDY2020-9 
発行日 2020-01-16 (IDY) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IDY IEICE-EID IEIJ-SSL SID-JC IEE-EDD  
開催期間 2020-01-23 - 2020-01-24 
開催地(和) 鳥取大鳥取キャンパス 
開催地(英) Tottori Univ 
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IDY 
会議コード 2020-01-IDY-EID-SSL-JC-EDD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ゲストホスト液晶を用いたPLフィルターの特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The characterization of PL filter using Guest-Host liquid crystal 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 二色性色素 / Dichroic dye  
キーワード(2)(和/英) GH-LC / GH-LC  
キーワード(3)(和/英) PL フィルター / PL filter  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 雅浩 / Masahiro Ito / イトウ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 山陽小野田市立山口東京理科大学 (略称: 山口東理大)
Sanyo-Onoda City University (略称: Sanyo-Onoda City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 洋樹 / Hiroki Tanaka / タナカ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 山陽小野田市立山口東京理科大学 (略称: 山口東理大)
Sanyo-Onoda City University (略称: SOCU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 枝里子 / Eriko Fukuda / フクダ エリコ
第3著者 所属(和/英) 山陽小野田市立山口東京理科大学 (略称: 山口東理大)
Sanyo-Onoda City University (略称: SOCU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 須子 浩行 / Hiroyuki Suko / スコ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 山陽小野田市立山口東京理科大学 (略称: 山口東理大)
Sanyo-Onoda City University (略称: SOCU)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 優光 / Masamitsu Tanaka / タナカ マサミツ
第5著者 所属(和/英) 株式会社正興電機製作所 (略称: 株式会社正興電機製作所)
SEIKO ELECTRIC CO., LTD (略称: SEIKO ELECTRIC CO., LTD)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 真悟 / Shingo Furukawa / フルカワ シンゴ
第6著者 所属(和/英) 株式会社正興電機製作所 (略称: 株式会社正興電機製作所)
SEIKO ELECTRIC CO., LTD (略称: SEIKO ELECTRIC CO., LTD)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 早田 茂敏 / Shigetoshi Hayata / ハヤタ シゲトシ
第7著者 所属(和/英) 株式会社正興電機製作所 (略称: 株式会社正興電機製作所)
SEIKO ELECTRIC CO., LTD (略称: SEIKO ELECTRIC CO., LTD)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 高頭 孝毅 / Kohki Takatoh / タカトウ コウキ
第8著者 所属(和/英) 山陽小野田市立山口東京理科大学 (略称: 山口東理大)
Sanyo-Onoda City University (略称: SOCU)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-23 13:40:00 
発表時間
申込先研究会 IDY 
資料番号 ITE-IDY2020-9 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.1 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IDY-2020-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会