お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-23 14:10
[ポスター講演]Mn5+付活M2AO4 (M = Ca, Sr, Ba, A = Si, Ge)近赤外蛍光体
田中翔人石垣 雅財満祐太郎松原航平新田祐大大観光徳鳥取大
抄録 (和) 固相反応法によりM2AO4:Mn5+(M = Ca,Sr,Ba, A = Si, Ge)の作製を行い,結晶学的特性や発光特性を評価した.いずれの試料からもMn5+の3d-3d内殻遷移に起因する近赤外発光が観測され,Mn5+がSi4+またはGe4+サイトに置換されていることが確認された.600 nm励起におけるMn5+のフォトルミネッセンス(PL)はCa2GeO4が最も強く,液相法で合成したCa10(PO4)6(OH)2:Mn5+ナノ粒子蛍光体の約6.2倍となった. 
(英) M2AO4:Mn5+ (M = Ca, Sr, Ba, A = Si, Ge) phosphors have been synthesized by solid-state reaction method. Their crystallographic and luminescent characteristics have been investigated. An infrared photoluminescence (PL) emission due to the 3d -3d internal transition in Mn5+ center is observed for all samples. This fact indicates that Mn5+ substitutes for Si4+ or Ge4+. The strongest PL intensity under 600 nm excitation is observed from the Ca2GeO4 host. Its PL intensity is stronger by 6.2 times than that of the Ca10(PO4)6(OH)2:Mn5+ nanoparticle phosphor synthesized by liquid-phase reaction method.
キーワード (和) 生体イメージング / 近赤外蛍光体 / Mn5+ / Ca2GeO4:Mn5+ / ゲルマニウム酸塩蛍光体 / / /  
(英) bioimaging / near-infrared phosphor / Mn5+ / Ca2GeO4:Mn5+ / Germanate phosphor / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IDY IEICE-EID IEIJ-SSL SID-JC IEE-EDD  
開催期間 2020-01-23 - 2020-01-24 
開催地(和) 鳥取大鳥取キャンパス 
開催地(英) Tottori Univ 
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-EID 
会議コード 2020-01-EID-IDY-SSL-JC-EDD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Mn5+付活M2AO4 (M = Ca, Sr, Ba, A = Si, Ge)近赤外蛍光体 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Mn5+ activated M2AO4 (M = Ca, Sr, Ba, A = Si, Ge) near-infrared phosphors 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 生体イメージング / bioimaging  
キーワード(2)(和/英) 近赤外蛍光体 / near-infrared phosphor  
キーワード(3)(和/英) Mn5+ / Mn5+  
キーワード(4)(和/英) Ca2GeO4:Mn5+ / Ca2GeO4:Mn5+  
キーワード(5)(和/英) ゲルマニウム酸塩蛍光体 / Germanate phosphor  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 翔人 / Shoto Tanaka / タナカ ショウト
第1著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石垣 雅 / Tadashi Ishigaki / イシガキ タダシ
第2著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 財満 祐太郎 / Yutaro Zaima / ザイマ ユウタロウ
第3著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松原 航平 / Kohei Matsubara / マツバラ コウヘイ
第4著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 新田 祐大 / Yudai Nitta / ニッタ ユウダイ
第5著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 大観 光徳 / Koutoku Ohmi / オオミ コウトク
第6著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-23 14:10:00 
発表時間
申込先研究会 IEICE-EID 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.1 
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会