お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-05 13:55
パワーポイントの機能向上に関する一提案
堀田晃平武田茂憲前田幹夫工学院大
抄録 (和) パワーポイントは優れたプレゼンテーションツールであるが進行に合わせて、複数の画像から希望の画像を自由に選択したり、拡大したりできないという課題がある。そこで、赤外線をパワーポイントの画像と一緒に照射しておき、スクリーン前の差し棒につけた再帰性反射材からの反射光を検出する方式を提案する。このようにしてパワーポイントの画像の位置を知ることで課題を解決することができる。また、従来に比べて、検出可能な距離を延ばすことに成功した。 
(英) Although Power Point is an excellent presentation tool, there is a problem that a desired image cannot be freely chosen among plural images or enlarged, depending on the progress. We propose a new presentation method of radiating infrared light on a screen together with the image shown by the Power Point and detecting reflected light from a retroreflecting sheet attached to a rod in front of one. We can solve by knowing the position of the image of the Power Point. In addition, we has succeeded in extending the detectable distance as compared with the previous report.
キーワード (和) パワーポイント / プレゼンテーションツール / 赤外線 / 再帰性反射材 / 位置検出 / / /  
(英) Power Point / presentation tool / infrared light / retroreflecting sheet / position detection / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 7, BCT2020-35, pp. 17-20, 2020年3月.
資料番号 BCT2020-35 
発行日 2020-02-27 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2020-03-05 - 2020-03-06 
開催地(和) 琉球放送RBCホール 
開催地(英) RBC Hall 
テーマ(和) デジタル放送技術および一般 
テーマ(英) Digital Broadcasting Technology 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2020-03-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パワーポイントの機能向上に関する一提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A proposal for improving the function of PowerPoint 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パワーポイント / Power Point  
キーワード(2)(和/英) プレゼンテーションツール / presentation tool  
キーワード(3)(和/英) 赤外線 / infrared light  
キーワード(4)(和/英) 再帰性反射材 / retroreflecting sheet  
キーワード(5)(和/英) 位置検出 / position detection  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀田 晃平 / Kohei Hotta / ホッタ コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 茂憲 / Shigenori Takeda / タケダ シゲノリ
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 幹夫 / Mikio Maeda / マエダ ミキオ
第3著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-05 13:55:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2020-35 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.7 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2020-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会