お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-13 11:30
気泡の上昇運動を制御可能としたプロシージャルアニメーションの研究
吉澤拓真森 祟圭菊池 司東京工科大
抄録 (和) CGアニメーションにおいて水の写実性を高めるためには,水中の気泡や水しぶきを表現することは極めて重要である.本研究では水中に物体が落下した際に生じる物体後流によって気泡が発生し上昇する現象をモデル化するとともに,発生した気泡がユーザの指定した形状を模りながら上昇する運動制御を可能としたプロシージャルアニメーションの手法を提案する.また,気泡の挙動を疑似的に再現する手法を提案する.最終的にエンターテインメント分野で演出のひとつとして応用することのできる気泡の上昇運動を制御可能としたアニメーションの生成が可能となることを示す. 
(英) It is very important to express bubbles and splashes in water to enhance the realism of water in CG animation.In this research, bubbles are generated and rise by the wake of an object falling when it falls into water In addition to modeling the phenomenon, we propose a procedural animation method that enables motion control in which the generated bubble rises while imitating the shape specified by the user. We propose that it is possible to generate an animation that can control the rising motion of bubbles that can be applied as one of the effects in the entertainment.
キーワード (和) プロシージャルアニメーション / 気泡 / 運動制御 / 写実性 / / / /  
(英) Procedural Animation / Bubbles / Motion Control / Photorealistic / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 10, AIT2020-50, pp. 1-4, 2020年3月.
資料番号  
発行日 2020-03-06 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2020-03-13 - 2020-03-13 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Technology 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2020(Expressive Japan 2020) 
テーマ(英) Expressive Japan 2020 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2020-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 気泡の上昇運動を制御可能としたプロシージャルアニメーションの研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) procedural animation that can control rising motion of bubbles 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プロシージャルアニメーション / Procedural Animation  
キーワード(2)(和/英) 気泡 / Bubbles  
キーワード(3)(和/英) 運動制御 / Motion Control  
キーワード(4)(和/英) 写実性 / Photorealistic  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉澤 拓真 / Takuma Yoshizawa / ヨシザワ タクマ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 祟圭 / Takayoshi Mori /
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 司 / Tsukasa Kikuchi /
第3著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-13 11:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2020-50 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2020-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会