お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-13 15:30
CG教育のための知識の体系化
宮崎大輔広島市大)・結城 修キヤノン)・床井浩平和歌山大)・吉田典正日大)・金森由博筑波大
抄録 (和) この数十年でCGの技術は大きく発展した.多岐に渡る技術が開発され,技術の進歩に追従するのも難しくなってきつつある.そのため,これまでのCG技術を網羅的に体系化し,知識と技術を整理する必要がある.そのようにまとめられた知識をもとに教育をし,次代のCG技術者を育てることが,CG技術のさらなる発展に必要不可欠である.本稿では,CGの知識を集積し,分かりやすく解説した文章を作成した我々の取り組みを紹介する.なお,その文書は書籍として発行し,多くの人がCG教育に活用できるようにする. 
(英) In the last few decades, CG technology has evolved significantly. A wide variety of technologies have been developed, and it is becoming difficult to keep up with technological advances. Therefore, it is necessary to systematize existing CG technology comprehensively and to organize knowledge and technology. Educating the next generation of CG engineers using our collected knowledge is important for further development of CG technology. In this report, we introduce how we have collected CG knowledge and how we have gathered them as a document. The document will be published as a book so that many people can use it for CG education.
キーワード (和) CG / 教育 / 教科書 / 体系化 / / / /  
(英) CG / Education / Textbook / Systematization / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 10, AIT2020-76, pp. 97-100, 2020年3月.
資料番号  
発行日 2020-03-06 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2020-03-13 - 2020-03-13 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Technology 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2020(Expressive Japan 2020) 
テーマ(英) Expressive Japan 2020 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CG-ARTS 
会議コード 2020-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CG教育のための知識の体系化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Knowledge Systematization for CG Education 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CG / CG  
キーワード(2)(和/英) 教育 / Education  
キーワード(3)(和/英) 教科書 / Textbook  
キーワード(4)(和/英) 体系化 / Systematization  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 大輔 / Daisuke Miyazaki / ミヤザキ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 結城 修 / Osamu Yuuki / ユウキ オサム
第2著者 所属(和/英) キヤノン株式会社 (略称: キヤノン)
Canon Inc. (略称: Canon)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 床井 浩平 / Kohe Tokoi / トコイ コウヘイ
第3著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 典正 / Norimasa Yoshida / ヨシダ ノリマサ
第4著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 金森 由博 / Yoshihiro Kanamori / カナモリ ヨシヒロ
第5著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-13 15:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 CG-ARTS 
資料番号 ITE-AIT2020-76 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.97-100 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2020-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会