お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-13 14:20
セルオートマトン法による対話的な結晶成長表現手法の開発
伊澤賢人和歌山大
抄録 (和) 対話型コンテンツでは結晶成長表現が数多く見られる.しかし対話型コンテンツでの結晶成長はポリゴンの簡易変形によるものが多く,シミュレーションを利用した詳細な成長表現はあまり見られない.
そこで本研究では対話型コンテンツへの応用を目的としたシミュレーションによる水晶成長の表現手法を開発した.水晶の結晶構造をもとに3次元格子点群を作成し,各格子点を結晶か溶液と定義する.セルオートマトン法を用いて格子点の状態を更新することで結晶成長の形状変化をシミュレーションした.そして格子点の状態をもとにマーチングキューブ法を用いて結晶形状のポリゴンを作成した.これらの処理をGPUで行い対話的な速度での成長表現を目指した. 
(英) There are many crystal growth expressions in interactive contents. However, crystal growth in interactive content is often due to simple deformation of polygons, and detailed growth expressions using simulations are rarely seen.
  In this study, we developed a method for expressing crystal growth by simulation for application to interactive contents. A three-dimensional lattice point group is created based on the crystal structure of quartz, and each lattice point is defined as a crystal or a solution. The shape change of crystal growth was simulated by updating the state of lattice points using the cellular automaton method. Then, based on the state of the lattice points, a polygon of crystal shape was created using the marching cube method. We performed these processes on a GPU and aimed to express the growth at an interactive speed.
キーワード (和) コンピュータグラフィックス / 結晶成長シミュレーション / リアルタイムレンダリング / セルオートマトン / GPGPU / / /  
(英) Computer graphics / Crystal growth simulation / Real-time rendering / Cellular automata / GPGPU / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 10, AIT2020-157, pp. 355-356, 2020年3月.
資料番号  
発行日 2020-03-06 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2020-03-13 - 2020-03-13 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Technology 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2020(Expressive Japan 2020) 
テーマ(英) Expressive Japan 2020 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2020-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) セルオートマトン法による対話的な結晶成長表現手法の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An interactive crystal growth expression method using cellular automata 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンピュータグラフィックス / Computer graphics  
キーワード(2)(和/英) 結晶成長シミュレーション / Crystal growth simulation  
キーワード(3)(和/英) リアルタイムレンダリング / Real-time rendering  
キーワード(4)(和/英) セルオートマトン / Cellular automata  
キーワード(5)(和/英) GPGPU / GPGPU  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊澤 賢人 / Kento Izawa / イザワ ケント
第1著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-13 14:20:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2020-157 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.355-356 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-AIT-2020-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会