お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-13 15:00
グラフマッチングを用いた手描き線画間におけるストローク対応推定
池澤隼人舩冨卓哉久保尋之奈良先端大)・前島謙宣株式会社オー・エル・エム・デジタル/株式会社IMAGICA GROUP)・中村 哲向川康博奈良先端大
抄録 (和) 近年,アニメ制作の効率化を目的として,描いた線画を補間する機能を備えたソフトウェアが登場している.しかし,この機能を利用するためには線画間のペンストローク同士の対応関係を指定するために各線画でストロークの入力順序を統一する必要があり,現在のアニメ制作現場への導入は困難である.そこで我々は,ベクタ形式の入力線画間でのストロークの対応推定問題を,線画中のストロークの情報を基に作成したグラフ同士のグラフマッチング問題に帰着させて解く方法を提案する.時間的に連続したアニメ線画からグラフを作成し,マッチングを行った結果,ストロークの本数が十分に少ない単純な線画において対応関係を推定できることが確認できた. 
(英) This study aims to develop a method of automatic interpolation for efficient anime production. The software has been commercially available, but they require the input order of pen strokes to be consistent among the drawings to specify the stroke correspondence. This requirement heavily loses usability in a production studio. We propose a method to estimate stroke correspondence using a graph matching algorithm. Through experiments, we confirmed that an appropriate estimation result was obtained with simple drawings had a small number of strokes using the proposed method.
キーワード (和) アニメ線画 / 自動中割り / ベクタ画像 / ストローク対応推定 / グラフマッチング / / /  
(英) Anime line drawing / Automatic inbetweening / Vector format image / Stroke correspondence estimation / Graph matching / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 10, AIT2020-67, pp. 69-72, 2020年3月.
資料番号  
発行日 2020-03-06 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2020-03-13 - 2020-03-13 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Technology 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2020(Expressive Japan 2020) 
テーマ(英) Expressive Japan 2020 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IIEEJ 
会議コード 2020-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) グラフマッチングを用いた手描き線画間におけるストローク対応推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Strokes correspondence estimation between hand drawings using graph matching 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アニメ線画 / Anime line drawing  
キーワード(2)(和/英) 自動中割り / Automatic inbetweening  
キーワード(3)(和/英) ベクタ画像 / Vector format image  
キーワード(4)(和/英) ストローク対応推定 / Stroke correspondence estimation  
キーワード(5)(和/英) グラフマッチング / Graph matching  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 池澤 隼人 / Hayato Ikezawa / イケザワ ハヤト
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 舩冨 卓哉 / Takuya Funatomi / フナトミ タクヤ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 尋之 / Hiroyuki Kubo / クボ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 前島 謙宣 / Akinobu Maejima / マエジマ アキノブ
第4著者 所属(和/英) 株式会社オー・エル・エム・デジタル/株式会社IMAGICA GROUP (略称: 株式会社オー・エル・エム・デジタル/株式会社IMAGICA GROUP)
OLM Digital, Inc./IMAGICA GROUP Inc. (略称: OLM Digital, Inc./IMAGICA GROUP Inc.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 哲 / Satoshi Nakamura / ナカムラ サトシ
第5著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 向川 康博 / Yasuhiro Mukaigawa / ムカイガワ ヤスヒロ
第6著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-13 15:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 IIEEJ 
資料番号 ITE-AIT2020-67 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.69-72 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2020-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会