お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-13 14:20
顔写真から絵描き歌を生成するコミュニケーションツールの提案
改働 愛スブロト プラセトヨ フディオノ菊池 司東京工科大
抄録 (和) 本研究では顔写真から絵描き歌を生成することを目的として, コミュニケーションツールとしての似顔絵表現の拡張を試みた.これまでの研究では顔写真から特徴点を検出し描画した.そして顔パーツの形状の基準値を定め,形に合わせた歌詞の選定を行った.さらに自動作曲システムを利用することで一つの絵描き歌として完成させた.結果として,顔写真を入力するとシンプルで描きやすい似顔絵と形状に合った歌詞を含む絵描き歌を生成することができた.今後の展望としては,イラストの完成過程が注目度などに影響するか調査し,SNS広告など,さらなる応用につなげられると考えられる. 
(英) In this research, in order to generate a drawing song from a facial photograph, we tried to extend a portrait expression as a communication tool. In previous studies, feature points were detected and drawn from face photographs. And by using the automatic composition system of the shape of the face parts, it was completed as one drawing song. As a result, when a face photo was input, a simple and easy-to-draw caricature and a drawing song containing lyrics matching the shape could be generated. The future prospects are to investigate whether the completion process of illustrations affects the degree of attention, etc., and to use them for further applications such as SNS advertising.
キーワード (和) 絵描き歌 / 似顔絵 / イラスト / / / / /  
(英) Drawing Song / Portrait / Illustration / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 10, AIT2020-140, pp. 301-302, 2020年3月.
資料番号  
発行日 2020-03-06 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2020-03-13 - 2020-03-13 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Technology 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2020(Expressive Japan 2020) 
テーマ(英) Expressive Japan 2020 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2020-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 顔写真から絵描き歌を生成するコミュニケーションツールの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of a Communication Tool that Generates Drawing Songs from Face Photos 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 絵描き歌 / Drawing Song  
キーワード(2)(和/英) 似顔絵 / Portrait  
キーワード(3)(和/英) イラスト / Illustration  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 改働 愛 / Ai Kaido / カイドウ アイ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) スブロト プラセトヨ フディオノ / Subroto Prasetyo Hudiono / スブロト プラセトヨ フディオノ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 司 / Tsukasa Kikuchi / キクチ ツカサ
第3著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-13 14:20:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2020-140 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.301-302 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-AIT-2020-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会