お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-13 13:05
歩行状態に基づいた歩行者群の空間分布と時間変化の可視化
土田夏実宮城優里お茶大)・大西正輝産総研)・伊藤貴之お茶大
抄録 (和) カメラで計測された人の歩行データから人物の行動パターンや場所ごとの特徴を発見すると,交通,防災,マーケティングなど多様な目的への応用が可能となる.
我々はこれまでに多数の歩行者の経路を要約して可視化する手法を提案してきたが,歩行者が急いでいるのか,ゆっくり歩いているのかといった歩行状態に着目した可視化には取り組んでいなかった.本稿では,複数のカメラで撮影された広範囲かつ長時間の膨大な歩行経路に対して,歩行状態を分類した上で可視化する手法を提案する.歩行速度にもとづいて各歩行者の状態を分類し,これらの分布を可視化する.さらに時間別の歩行状態分布と歩行経路を同時に可視化することで,歩行状態の変化の様子を観察できるようにする. 
(英) People flow has useful knowledge in various fields including traffic, disaster prevention, and marketing. We can obtain such knowledge by looking for the movement patterns of each person and the features of each place.
We had proposed a visualization method that summarizes the paths of a large number of pedestrians in order to discover their useful information. However, we have not been working on visualization focusing on walking states whether people are moving rapidly or slowly. This paper presents a visualization method based on the walking states of a large number of pedestrian paths measured by using cameras. The visualization tool allows users to observe walking people from spatial and temporal views.
キーワード (和) 可視化 / 人流 / / / / / /  
(英) Visualization / People flow / / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 10, AIT2020-129, pp. 265-268, 2020年3月.
資料番号  
発行日 2020-03-06 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2020-03-13 - 2020-03-13 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Technology 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2020(Expressive Japan 2020) 
テーマ(英) Expressive Japan 2020 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2020-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 歩行状態に基づいた歩行者群の空間分布と時間変化の可視化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Spatial and Temporal Visualization of Pedestrians based on Walking States 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 可視化 / Visualization  
キーワード(2)(和/英) 人流 / People flow  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 土田 夏実 / Natsumi Tsuchida / ツチダ ナツミ
第1著者 所属(和/英) お茶の水女子大学 (略称: お茶大)
Ochanomizu University (略称: Ocha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮城 優里 / Yuri Miyagi / ミヤギ ユリ
第2著者 所属(和/英) お茶の水女子大学 (略称: お茶大)
Ochanomizu University (略称: Ocha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 正輝 / Masaki Onishi / オオニシ マサキ
第3著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 貴之 / Takayuki Itoh / イトウ タカユキ
第4著者 所属(和/英) お茶の水女子大学 (略称: お茶大)
Ochanomizu University (略称: Ocha Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-13 13:05:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2020-129 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.265-268 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2020-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会