お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-13 12:50
ARと一般物体認識による3次元物体の消去と置換手法
大塚和樹床井浩平和大
抄録 (和) 既存のARアプリケーションの多くは物体のない平面を前提として設計されている.そのため,実物体と同じ位置に仮想物体を配置すると,本来見えるべきではない実物体の一部が見えてしまい,適切な結果を得ることができない.そこで本研究では,AR技術に一般物体認識と画像処理を組み合わせることで,実物体が視覚的に消去され,実物体と同じカテゴリの仮想物体のみが表示されるシステムの開発を行った.本システムは,一般物体認識で除去対象のカテゴリと領域を取得し,画像処理で対象を消去した画像をARの背景として用い,認識したカテゴリと同じカテゴリの仮想物体を配置するというものである.本システムは,スマートフォン1台で動作する. 
(英) Many AR applications are designed on a flat surface without objects. For this reason, if the virtual object is arranged at the same position as the real object, a part of the real object that should not be originally seen becomes visible, and an appropriate result cannot be obtained. In this study, we developed a system that combines Generic object recognition and image processing with AR technology to visually remove real objects and display only virtual objects in the same category as the real objects. In this system, categories and regions to be removed get from generic object recognition. An image which the object erased from by image processing use as a background of AR, and we set a virtual object which is the same category as the recognized category. This system operates on one smartphone.
キーワード (和) Augmented Reality / 一般物体認識 / Diminished Reality / Inpainting / / / /  
(英) Augmented Reality / Generic Object Recognition / Diminished Reality / Inpainting / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 10, AIT2020-107, pp. 197-198, 2020年3月.
資料番号  
発行日 2020-03-06 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2020-03-13 - 2020-03-13 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Technology 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2020(Expressive Japan 2020) 
テーマ(英) Expressive Japan 2020 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2020-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ARと一般物体認識による3次元物体の消去と置換手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A 3D object erasure and replacement method using AR and general object recognition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Augmented Reality / Augmented Reality  
キーワード(2)(和/英) 一般物体認識 / Generic Object Recognition  
キーワード(3)(和/英) Diminished Reality / Diminished Reality  
キーワード(4)(和/英) Inpainting / Inpainting  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 和樹 / Kazuki Otsuka / オオツカ カズキ
第1著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 床井 浩平 / Kohei Tokoi /
第2著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-13 12:50:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2020-107 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.197-198 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-AIT-2020-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会