お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-13 14:30
感染現象の可視化と可聴化 ~ 変容する空間デザインに対するマルチエージェントシステムの感度評価 ~
小髙充弘総研大
抄録 (和) マルチエージェントシステムは,感染症流行過程などのモデル化に使われる.ここで,エージェントは,実空間構造を模した仮想空間や格子空間上で行動する.しかし,空間をどこまで忠実に再現あるいは簡略化すべきかは分かっておらず,空間デザインにおける恣意性を残している.本発表では,空間構造を様々に変容させた時の粒子拡散と感染の様相を可視化・可聴化することで,空間構造に対する結果の感度を評価する. 
(英) Multi-agent system is used to model the processes including the spreading process of infectious diseases, where agents move in a virtual space similar to real space or lattice space. However there exists
Arbitrariness in space design because what to extent the details should be reproduced or simplified has not well known. In this presentation, the result sensitivity to space structure is evaluated by visualization and sonification of particle spreading and infection with variant space structures.
キーワード (和) マルチエージェントシステム / 感染 / SIRモデル / 可視化 / 可聴化 / / /  
(英) Multi-Agent System / Infection / SIR model / Visualization / Sonification / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 10, AIT2020-72, pp. 85-85, 2020年3月.
資料番号  
発行日 2020-03-06 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2020-03-13 - 2020-03-13 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Technology 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2020(Expressive Japan 2020) 
テーマ(英) Expressive Japan 2020 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CG-ARTS 
会議コード 2020-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 感染現象の可視化と可聴化 
サブタイトル(和) 変容する空間デザインに対するマルチエージェントシステムの感度評価 
タイトル(英) Visualization and Sonification of Infection 
サブタイトル(英) Sensitivity Analysis of Multi-Agent System to Space Structural Metamorphosis 
キーワード(1)(和/英) マルチエージェントシステム / Multi-Agent System  
キーワード(2)(和/英) 感染 / Infection  
キーワード(3)(和/英) SIRモデル / SIR model  
キーワード(4)(和/英) 可視化 / Visualization  
キーワード(5)(和/英) 可聴化 / Sonification  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小髙 充弘 / Mitsuhiro Odaka / オダカ ミツヒロ
第1著者 所属(和/英) 総合研究大学院大学 (略称: 総研大)
The Graduate University for Advanced Studies (略称: SOKENDAI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-13 14:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 CG-ARTS 
資料番号 ITE-AIT2020-72 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 p.85 
ページ数 ITE-1 
発行日 ITE-AIT-2020-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会