お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-13 11:20
感性表現に基づくシンセサイザー用音源選択
木下直哉越智景子大淵康成東京工科大
抄録 (和) シンセサイザーの音色合成には、音を生成するにあたる理論への理解が必要とされている。本研究では、シンセサイザーの用語を使わないシンセサイザーの音色生成の方法として、自然言語を入力とし、音色の検索及び呼び出しを行うシステムを提案する。様々なウェーブテーブルを用いて作られた音を、形容詞対によって印象評価を行う実験を行った。この結果を基として、任意の語を入力として音色を検索するシステムを作成した。入力された単語はWord2Vecにより印象語との類似度を表す数値に変換され、その数値とウェーブテーブルの印象を表す数値との類似度を測ることで、単語に最もふさわしい音色を呼び出す。 
(英) It is required to understand the theories of timbre making to use a synthesizer. In this paper, we propose a system that searches a timbre by natural language, without using technical terms of the synthesizer. We conducted a set of experiments to evaluate sounds of various wavetables using adjective pairs. Using the evaluation results, we developed a system that searches a timbre from any word. Word2Vec converts the input word into a set of values representing similarity to the expressive words. By calculating the similarity between the values of the input and the values of the wavetable, the system finds the most proper timbre.
キーワード (和) シンセサイザー / ウェーブテーブル・シンセシス / 感性表現 / / / / /  
(英) Synthesizer / Wavetable-Synthesis / Affective Expression / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 10, AIT2020-101, pp. 175-176, 2020年3月.
資料番号  
発行日 2020-03-06 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2020-03-13 - 2020-03-13 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Technology 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2020(Expressive Japan 2020) 
テーマ(英) Expressive Japan 2020 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2020-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 感性表現に基づくシンセサイザー用音源選択 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sound Source Selection for Synthesizer Using Affective Expression 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シンセサイザー / Synthesizer  
キーワード(2)(和/英) ウェーブテーブル・シンセシス / Wavetable-Synthesis  
キーワード(3)(和/英) 感性表現 / Affective Expression  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 直哉 / Naoya Kinoshita / キノシタ ナオヤ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 越智 景子 / Keiko Ochi / オチ ケイコ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大淵 康成 / Yasunari Obuchi / オオブチ ヤスナリ
第3著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-13 11:20:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2020-101 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.175-176 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-AIT-2020-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会