お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-13 14:30
rulingの交差を考慮した曲線折りの形状モデリング手法
大橋 芳遠藤結城金森由博三谷 純筑波大
抄録 (和) 曲線の折り目に沿って紙などを折る手法を曲線折りという.この手法を用いることで曲線と曲面を含む美しい形状を表現できる.曲線折りによって表現できる形状は,直線要素であるrulingによって構成される.このrulingには紙面上では互いに交差しないという条件があるため,曲線折りをデザインするための既存システムでは,ユーザが手作業でruling同士の交差を修正する必要があった.そこで本研究では、ruling同士の交差を自動で回避する手法を提案する.提案手法では、交差の程度を表す関数と形状の違いを表す関数を定義し,まとめたものを最適化問題として解く.これにより、より素早く簡単な操作でruling同士の交差がない曲線折りをデザインできるようにする. 
(英) Curved folding is a way of folding a sheet of paper along a curved crease. By using curved folding,one can make beautiful shapes which have curves and curved surfaces. A shape created by curved folding is composed by straight lines called ruling. Because this ruling has an important property that they do not intersect on a sheet of paper, existing system to design curved folding requires users to avoid this intersection manually. In this paper, we introduce a method to avoid intersection of rulings automatically. We define an objective function that outputs degree of intersection and a penalty function which keeps the shape from large deformation. By solving these functions as an optimization problem, we implemented a system which helps us to design curved folding more quickly and easily.
キーワード (和) 曲線折り / 可展面 / ruling / 最適化問題 / / / /  
(英) Curved folding / Developable surface / Ruling / Optimization problem / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 10, AIT2020-65, pp. 61-64, 2020年3月.
資料番号  
発行日 2020-03-06 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2020-03-13 - 2020-03-13 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Technology 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2020(Expressive Japan 2020) 
テーマ(英) Expressive Japan 2020 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2020-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) rulingの交差を考慮した曲線折りの形状モデリング手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A modeling method of curved folding considering ruling intersection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 曲線折り / Curved folding  
キーワード(2)(和/英) 可展面 / Developable surface  
キーワード(3)(和/英) ruling / Ruling  
キーワード(4)(和/英) 最適化問題 / Optimization problem  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大橋 芳 / Kaoru Ohashi / オオハシ カオル
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Tsukuba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 結城 / Yuki Endo / エンドウ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Tsukuba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金森 由博 / Yoshihiro Kanamori / カナモリ ヨシヒロ
第3著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Tsukuba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三谷 純 / Jun Mitani / ミタニ ジュン
第4著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Tsukuba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-13 14:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2020-65 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.61-64 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2020-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会