お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-13 11:20
セグメント分割によるNormalized Cutの高速化
木澤朋樹遠藤結城金森由博三谷 純筑波大
抄録 (和) 画像中の前景物抽出において,古典的手法であるNormalized Cutのように,画像の画素から定義されるLaplacian行列の固有値問題に帰着する手法が多数提案されている.しかし入力画像が高解像度になると,Laplacian行列のサイズが急速に増大し,計算時間が膨大となる.そこで本研究では,入力画像を帯状画像に分割して処理することで高速化を図る.具体的には,入力画像を縦・横・斜めのそれぞれについて幅1ピクセルの細長い画像に分割し,それらの各々に対して固有値問題を解く.このとき固有値問題は元々のLaplacian行列と異なり三重対角行列が入力となるため,高速に解ける.得られた固有ベクトルの値に基づき,細長い画像をセグメントに分割し,セグメントごとに前景・背景を割り当てることで結果画像を得る.提案手法は高解像度画像に対しても高速に動作することを示す. 
(英) Many image segmentation methods formulate the problem of foreground extraction as an eigenproblem of a Laplacian matrix defined by the input image, as done in the classical approach, Normalized Cut. The problem here is that the computational cost of such eigenproblem increases rapidly as the resolution of the input image becomes large. In this work, we accelerate Laplacian-based image segmentation by separately solving small eigenproblems defined by one-by-N image strips that are extracted in horizontal, vertical, and diagonal directions in the input image. Their eigenproblems can be solved fast because the resultant Laplacian matrices are tridiagonal. We further subdivide the image strips according to the consequent eigenvectors into segments and assign fore-/background labels to the segments in order to obtain a binary mask. We demonstrate that the proposed method performs fast, even for high-resolution images.
キーワード (和) 前景抽出 / Normalized Cut / Laplacian 行列 / / / / /  
(英) Foreground Extraction / Normalized Cut / Laplacian Matrix / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 10, AIT2020-91, pp. 141-144, 2020年3月.
資料番号  
発行日 2020-03-06 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2020-03-13 - 2020-03-13 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Technology 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2020(Expressive Japan 2020) 
テーマ(英) Expressive Japan 2020 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2020-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) セグメント分割によるNormalized Cutの高速化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Accelerating Normalized Cut Based on Segment Decomposition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 前景抽出 / Foreground Extraction  
キーワード(2)(和/英) Normalized Cut / Normalized Cut  
キーワード(3)(和/英) Laplacian 行列 / Laplacian Matrix  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木澤 朋樹 / Tomoki Kizawa / キザワ トモキ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Tsukuba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 結城 / Yuki Endo / エンドウ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Tsukuba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金森 由博 / Yoshihiro Kanamori / カナモリ ヨシヒロ
第3著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Tsukuba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三谷 純 / Jun Mitani / ミタニ ジュン
第4著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Tsukuba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-13 11:20:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2020-91 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.141-144 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2020-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会