お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-13 11:45
瞬間凍結のプロシージャルアニメーション
加藤有稀菊池 司東京工科大
抄録 (和) 本研究は水を冷却し,瞬間的な状態遷移のプロシージャルアニメーション法を提案するものである.本手法の流体シミュレーションは,FLIP(Fluid-Implicit Particle)法を用いて行う.特に支配方程式であるナビエ・ストークス方程式の有する粘性項を利用し,タイムステップごとに温度変化を更新することで疑似的に流体の持つ運動を停止させ.静止状態を作り出す. 温度の更新にはボリュームデータ(体積を持つ情報群),パーティクルデータ(点集合体の情報群を利用する.両データに温度情報を持たせ,干渉させるにより自由な形状を持つ状態遷移が可能となる.また,流体に対し一部のみを干渉させることにより,固液が共存する状態を一つのシミュレーションで表現することができる. 
(英) This study proposes a procedural animation method of instantaneous state transition by cooling water. The fluid simulation of this method is performed using the FLIP (Fluid-Implicit Particle) method, in particular, using the viscous term of the Navier-Stokes equation, which is the governing equation, and updating the temperature change at each time step. To stop the movement of the fluid and create a stationary state. Temperature data is updated by using volume data (information group with volume) and particle data (information group of point aggregates. Temperature transition is added to both data, and state transition with free shape is possible by interference. Become. In addition, by allowing only a part of the fluid to interfere, it is possible to represent a state in which solid and liquid coexist in one simulation.
キーワード (和) コンピュータグラフィックス / 流体シミュレーション / 状態遷移 / / / / /  
(英) CG / Fluid Simulation / State Transition / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 10, AIT2020-51, pp. 5-8, 2020年3月.
資料番号  
発行日 2020-03-06 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2020-03-13 - 2020-03-13 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Technology 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2020(Expressive Japan 2020) 
テーマ(英) Expressive Japan 2020 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2020-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 瞬間凍結のプロシージャルアニメーション 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Procedural Animation of Moment Freezing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンピュータグラフィックス / CG  
キーワード(2)(和/英) 流体シミュレーション / Fluid Simulation  
キーワード(3)(和/英) 状態遷移 / State Transition  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 有稀 / Yuki Kato / カトウ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 司 / Tsukasa Kikuchi / キクチ ツカサ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-13 11:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2020-51 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2020-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会