お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-05-29 11:20
センサ情報を用いたマルチモーダル耳介個人認証
井谷俊仁関西大)・喜多俊輔阪産技研)・梶川嘉延関西大
抄録 (和) 近年,生体情報を利用した個人認証技術が注目されている.本稿では,耳介の音響伝達関数の個人差を用いた個人認証技術について検討する.耳介の音響伝達関数を用いた先行研究では,イヤホン,ヘッドホン,携帯電話を用いて耳介の音響伝達関数を測定し,その伝達関数に基づいて個人認証が可能なことが示されている.しかし,携帯電話を用いた場合は,イヤホン,ヘッドホンを用いた場合に比べ,認証率が低い結果となった.そこで,本研究では,耳介を塞がない構造の機器として,スマートフォンで測定した耳介の音響伝達関数を利用した個人認証システムを検討する.本稿では,加速度センサおよび近接センサによってスマートフォンの位置情報を取得し,耳介の音響伝達関数と併せて学習に用いることで,測定毎の位置ゆらぎによる認証率の変化について検討する. 
(英) In this paper, we consider personal authentication technology using individual differences of acoustic transfer function measured from the pinna ; the Pinna Related Transfer Function (PRTF). In addition, in this paper, considering the convenience in practical use, a smartphone that is not necessary to be worn on the pinna for each authentication is used to measure PRTF. However, it is known that in the case of using a smartphone, PRTF changes according to the emission direction of measurement signal toward the pinna, so the authentication rate is lower than that of using earphones and headphones. In this paper, the position information of the smartphone is measured by the acceleration sensor and proximity sensor and used together with the PRTF for learning at the same time. We demonstrate that the proposed authentication can manage the changes in the emission direction of each measurement and improve the robustness.
キーワード (和) 生体認証 / 耳介伝達関数 / マルチモーダル / サポートベクターマシン / SVM / / /  
(英) Biometric authentication / Pinna Related Transfer Function (PRTF) / Multimodal / Support Vector Machine (SVM) / / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-MI IEICE-IE IEICE-SIP IEICE-BioX IST ME  
開催期間 2020-05-28 - 2020-05-29 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 映像・信号の処理・解析・AI技術とその多分野応用 
テーマ(英) Image and signal processing/analysis/AI technology, and their application 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-BioX 
会議コード 2020-05-MI-IE-SIP-BioX-IST-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) センサ情報を用いたマルチモーダル耳介個人認証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multimodal personal ear authentication using multiple sensor information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 生体認証 / Biometric authentication  
キーワード(2)(和/英) 耳介伝達関数 / Pinna Related Transfer Function (PRTF)  
キーワード(3)(和/英) マルチモーダル / Multimodal  
キーワード(4)(和/英) サポートベクターマシン / Support Vector Machine (SVM)  
キーワード(5)(和/英) SVM /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井谷 俊仁 / Shunji Itani / イタニ シュンジ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 喜多 俊輔 / Shunsuke KIta / キタ シュンスケ
第2著者 所属(和/英) 地方独立行政法人大阪産業技術研究所 (略称: 阪産技研)
Osaka Research Institute of Industrial Science and Technology (略称: ORIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶川 嘉延 / Yoshinobu Kajikawa / カジカワ ヨシノブ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-05-29 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IEICE-BioX 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会