お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-09-04 14:35
地上放送高度化方式における軟判定レプリカを用いたMFN放送波中継
川島祥吾宮坂宏明竹内知明岡野正寛NHK
抄録 (和) 筆者らは地上波による新たな放送サービスの実現に向けて,地上テレビジョン放送高度化方式(以下,高度化方式)の研究を進めている.高度化方式による放送ネットワーク構築のためには,現行の地上デジタル放送と同様に放送波中継が有用である.地上デジタル放送のMFN放送波中継では,フェージングや周波数特性歪みによる信号品質の劣化を,周波数領域におけるチャネル等化とシンボル判定を組み合わせることで改善する再生中継の有効性が確認されており,広く用いられている.より多値のキャリア変調による運用が想定される高度化方式に同様の手法を適用する際の課題を示すとともに,軟判定レプリカを用いた再生中継を提案し,計算機シミュレーションによりその有効性を示す. 
(英) We have been developing an advanced ISDB-T to realize new services via terrestrial broadcasting. For the construction of broadcast network by the advanced ISDB-T, it is useful to utilize broadcast-wave relay as with ISDB-T. In MFN broadcast-wave relay of ISDB-T, regenerative relay is widely utilized. the effectiveness of the regenerative relay has been confirmed to improve the deterioration of the signal quality due to fading and distortion of frequency characteristics by using the combination of channel equalization and symbol decision in the frequency domain. We show the issue when applying the same scheme to the advanced ISDB-T that is expected to operate with more higher order modulation, propose the regenerative relay using soft decision replica. Computer simulation verified the effectiveness of the proposed scheme.
キーワード (和) 地上放送高度化方式 / 放送波中継 / 軟判定レプリカ / / / / /  
(英) advanced ISDB-T / boradcast wave relay / soft decision replica / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 19, BCT2020-64, pp. 13-16, 2020年9月.
資料番号 BCT2020-64 
発行日 2020-08-28 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2020-09-04 - 2020-09-04 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 移動送受信技術,および一般 
テーマ(英) Mobile systems, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2020-09-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地上放送高度化方式における軟判定レプリカを用いたMFN放送波中継 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) MFN Broadcast-Wave Relay using Soft Decision Replica for an Advanced ISDB-T 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 地上放送高度化方式 / advanced ISDB-T  
キーワード(2)(和/英) 放送波中継 / boradcast wave relay  
キーワード(3)(和/英) 軟判定レプリカ / soft decision replica  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川島 祥吾 / Shogo Kawashima / カワシマ ショウゴ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮坂 宏明 / Hiroaki Miyasaka / ミヤサカ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 知明 / Tomoaki Takeuchi / タケウチ トモアキ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡野 正寛 / Masahiro Okano / オカノ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-09-04 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2020-64 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.19 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2020-08-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会