お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-10-01 15:10
ミリ波通信実現へ向けたスパースコーディングに基づく\高速ビームフォーミング
オウ イト仲地孝之NTT
抄録 (和) ミリ波は直進性が強く、障害物に非常に敏感である。この特性のため、動的に変化するミリ波の通信環境において高いスループットを実現するためには、高速・高精度なビームフォーミング技術が求められている。従来のビームトレーニングを用いた手法は、通信オーバーヘッドが高く遅延も大きい。これに対して、フィンガープリントを用いた手法では、ミリ波の伝搬状態を計測し、この情報を活用することで高速ビームフォーミングを実現する。しかしながら、障害物の影響はユーザーの動きによって異なり、従来の位置に基づいたフィンガープリントでは、ミリ波の伝搬状態が正しく反映されない。本稿では、ミリ波の伝搬状態を正しく反映するように、障害物を考慮した伝搬環境において、ユーザーの移動軌跡に基づいたフィンガープリントを提案する。さらにユーザーの移動軌跡に基づいたフィンガープリントを用いて、スパースコーディングに基づく高速ビームフォーミングを提案する。シミュレーションにより、従来のフィンガープリントを用いた手法と比較して、提案法はスループットを大幅に改善できることを示す。 
(英) The sensitivity of mmWave to blockages together with its directionality bring new technical challenges in the vehicular context. Traditional beam training is inadequate in satisfying low communication overhead and small latency, and the influence of the same blockage on a fixed position varies according to vehicle motion. To facilitate fast beam alignment, fingerprint-based method stands out as an efficient solution, where the utilities of selecting different beam pairs are recorded in the fingerprint database for reference at a given position. In order to better orchestrate fingerprint-based method with vehicular scenarios, we propose the idea of trajectory-aware fingerprint, which extracts the combined effect of mobility, propagation environment, and blockages, so as to faithfully reflect the transmitting condition in mobile scenarios. Then, a light-weight machine learning framework is established for intelligent adaptation among multiple fingerprints to find a near-optimal BS association and beam alignment solution. Finally, the simulation result verifies the performance improvements.
キーワード (和) ミリ波 / 動的環境 / 高速ビームフォーミング / フィンガープイリント / スパースコーディング / / /  
(英) Milimeter wave / Dynamic environment / Fast beamforming / Fingerprint / Sparse coding / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEICE-SIS  
開催期間 2020-10-01 - 2020-10-02 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) システム実現技術, 近距離通信応用システム, 知的マルチメディア処理システム,放送技術および一般 
テーマ(英) System Implementation Technology, Short Range Wireless Systems, Smart Multimedia Systems, Broadcasting Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-SIS 
会議コード 2020-10-SIS-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ミリ波通信実現へ向けたスパースコーディングに基づく\高速ビームフォーミング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fast Beamforming using Sparse Coding for mmWave Communications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ミリ波 / Milimeter wave  
キーワード(2)(和/英) 動的環境 / Dynamic environment  
キーワード(3)(和/英) 高速ビームフォーミング / Fast beamforming  
キーワード(4)(和/英) フィンガープイリント / Fingerprint  
キーワード(5)(和/英) スパースコーディング / Sparse coding  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) オウ イト / Yitu Wang / オウ イト
第1著者 所属(和/英) NTT研究所 (略称: NTT)
NTT Laboratories (略称: NTT Lab)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 仲地 孝之 / Takayuki Nakachi / タカユキ ナカチ
第2著者 所属(和/英) NTT研究所 (略称: NTT)
NTT Laboratories (略称: NTT Lab)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-10-01 15:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IEICE-SIS 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会