お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-10-16 14:55
[依頼講演]ホログラフィー応用に向けた1 µmピッチ・2次元強誘電性液晶画素アレイの試作と評価
麻生慎太郎青島賢一東田 諒船橋信彦柴崎純一NHK)・石鍋隆宏柴田陽生藤掛英夫東北大)・町田賢司NHK
抄録 (和) 広視域ホログラフィックディスプレイの実現には,空間光変調器(Spatial Light Modulator, SLM)の狭画素ピッチ化が必要となる.狭画素ピッチ液晶SLMでは,隣接画素間クロストークが大きくなる課題があるが,我々は,予めパターン形成した2層構造電極と,逆極性の駆動電圧によりクロストークを抑制可能な強誘電性液晶を用いた2次元画素アレイを試作し,画素ピッチ1×1μmの微細画素の独立駆動が可能なことを確認した.さらに,1×1μmピッチ・10k×10k画素の静止画ホログラムを試作し,広視域の3次元像再生を実証した. 
(英) A spatial light modulator (SLM) with a narrow pixel pitch is required for realizing a holographic display with a wide viewing-zone-angle. As the pixel pitch narrowed, liquid crystal SLMs face a difficulty of the crosstalk between the adjacent pixels. Ferroelectric liquid crystal (FLC) SLMs have an advantage in the pixel crosstalk improvement, which is attributed to the opposite-polarity direct-current driving voltages. We fabricated FLC pixel arrays using a two-layered electrode having predesigned patterns and achieved individual driving of the FLC fine pixels with a 1 × 1-µm pixel pitch. Furthermore, we demonstrated a reconstruction of a 3D holographic image with a wide viewing-zone-angle using the FLC pixel array.
キーワード (和) ホログラフィックディスプレイ / 空間光変調器 / 強誘電性液晶 / 3次元ディスプレイ / / / /  
(英) Holographic Display / Spatial Light Modulator / Ferroelectric Liquid Crystal / 3D Display / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 26, IDY2020-35, pp. 17-20, 2020年10月.
資料番号 IDY2020-35 
発行日 2020-10-09 (IDY) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IDY IEICE-EID SID-JC  
開催期間 2020-10-16 - 2020-10-16 
開催地(和) オンライン開催(ZOOM) 
開催地(英) Online 
テーマ(和) ディスプレイ一般 
テーマ(英) Information Display 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IDY 
会議コード 2020-10-IDY-EID-JC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ホログラフィー応用に向けた1 µmピッチ・2次元強誘電性液晶画素アレイの試作と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Two-Dimensionally Aligned Pixel Arrays with 1-µm Pixel Pitch Using Ferroelectric Liquid Crystal for Holographic Applications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ホログラフィックディスプレイ / Holographic Display  
キーワード(2)(和/英) 空間光変調器 / Spatial Light Modulator  
キーワード(3)(和/英) 強誘電性液晶 / Ferroelectric Liquid Crystal  
キーワード(4)(和/英) 3次元ディスプレイ / 3D Display  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 麻生 慎太郎 / Shintaro Aso / アソウ シンタロウ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青島 賢一 / Ken-ichi Aoshima / アオシマ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 東田 諒 / Ryo Higashida / ヒガシダ リョウ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 船橋 信彦 / Nobuhiko Funabashi / フナバシ ノブヒコ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴崎 純一 / Junichi Shibasaki / シバサキ ジュンイチ
第5著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 石鍋 隆宏 / Takahiro Ishinabe / イシナベ タカヒロ
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 陽生 / Yosei Shibata / シバタ ヨウセイ
第7著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤掛 英夫 / Hideo Fujikake / フジカケ ヒデオ
第8著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 町田 賢司 / Kenji Machida / マチダ ケンジ
第9著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-10-16 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IDY 
資料番号 ITE-IDY2020-35 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.26 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IDY-2020-10-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会