お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-13 13:30
The Optimum Prediction Theory of the Matrix Input Operator by Additive Operator Filter bank
Takuro KidaTitech)・○Yuichi KidaOhu Univ.
抄録 (和) (事前公開アブストラクト) With respect to a matrix-filter bank that the matrix analysis-filter bank ${bf H}$ and the matrix sampling-filter bank ${bf S}$ are given, it is accomplished to present the optimum matrix synthesis-filter bank ${bf Z}$ that minimizes all the worst-case measures of matrix-error-signals ${bf E}(omega)={bf F}(omega)-{bf Y}(omega)$ between the input matrix-signals ${bf F}(omega)$ and the output matrix-signals ${bf Y(omega)}$ of the matrix-filter bank, at the same time. As the direct conclusion of this result, it is shown that there exists the optimum and linear approximation system based on the scanned data of given multi-dimensional past knowledge ${bf f}({bf x}(t))$ if a given nonlinear deep learning system uses the equivalent data as these data finally. 
(英) With respect to a matrix-filter bank that the matrix analysis-filter bank ${bf H}$ and the matrix sampling-filter bank ${bf S}$ are given, it is accomplished to present the optimum matrix synthesis-filter bank ${bf Z}$ that minimizes all the worst-case measures of matrix-error-signals ${bf E}(omega)={bf F}(omega)-{bf Y}(omega)$ between the input matrix-signals ${bf F}(omega)$ and the output matrix-signals ${bf Y(omega)}$ of the matrix-filter bank, at the same time. As the direct conclusion of this result, it is shown that there exists the optimum and linear approximation system based on the scanned data of given multi-dimensional past knowledge ${bf f}({bf x}(t))$ if a given nonlinear deep learning system uses the equivalent data as these data finally.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) signal approximation / / / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 28, BCT2020-67, pp. 41-46, 2020年11月.
資料番号 BCT2020-67 
発行日 2020-11-05 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEICE-OFT IEICE-OCS IEE-CMN  
開催期間 2020-11-12 - 2020-11-13 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 放送システム、CATV、放送素材伝送システム、伝送路符号化、情報源符号化、HDTVおよびUHDTV、放送通信連携、光ファイバ配線敷設・保守運用技術、光ファイバ特性測定、光ファイバ特性解析、光ケーブル・光コード、各種用途光ファイバ、光増幅器・光中継装置、光/電気クロスコネクト・OADM、光/電気多重・分離、光送受信機、光端局装置、ディジタル信号処理・誤り訂正、光通信計測、データコム用光通信機器、光変復調方式、ディジタル信号処理アルゴリズム、コヒーレント光通信、光増幅・中継技術、非線形・偏波技術、空間・可視光伝送、量子通信・暗号化技術、空間分割多重(SDM)伝送技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2020-11-BCT-OFT-OCS-CMN 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Optimum Prediction Theory of the Matrix Input Operator by Additive Operator Filter bank 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / signal approximation  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木田 拓郎 / Takuro Kida / キダ タクロウ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Titech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木田 雄一 / Yuichi Kida / キダ ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 奥羽大学 (略称: 奥羽大)
Ohu University (略称: Ohu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-13 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2020-67 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.28 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 ITE-6 
発行日 ITE-BCT-2020-11-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会