お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-02-18 16:40
単一光子検出型撮像方式によるビットプレーン列からの被写体毎の動き推定とその応用
岩渕清隆亀田裕介浜本隆之東京理科大
抄録 (和) 単一光子検出型撮像方式は,入射光量を光子数単位で計測することで,少ない入射光量環境下においても高い信号対雑音比で画像取得が行える.
入射光は,光子入射の有無を記録したバイナリ画像列(bit-plane画像列)として取得され,後段の画像再構成処理により多値画像へ変換される.
画像再構成の際,入射する光子のランダム性により生じる雑音及び被写体の動きにより生じる動きぼけを抑制することで高品質な画像が取得できる.
本稿では,動被写体単位の動き推定結果に基づき,動きぼけと入射光子数のランダム性による雑音を同時に抑制可能な画像再構成処理を提案する.
さらに,動画像取得を前提とした際に,動きぼけ抑制が不十分な画素を異なる時間の範囲のbit-plane画像列の動きぼけ抑制結果から補完する,高品質な動画像再構成処理の枠組みを提案する. 
(英) The single-photon imaging that enables high-quality imaging even in a low incident light level environment, records incident photons as binary image (bit-plane) sequence which are converted to a multi-level image by an image reconstruction process.
This paper proposes an image reconstruction method with bit-plane deblurring that can suppress noise caused by the randomness of the number of incident photons as well as motion blur by using each apparent motion.
In addition, our video reconstruction for bit-plane images, in which pixels with insufficient deblurring are complemented by deblurred results of bit-plane images of different time ranges, reconstructs high-quality video frames.
キーワード (和) 単一光子検出型撮像方式 / 動き推定 / 動きぼけ抑制 / 画像再構成 / / / /  
(英) single-photon imaging / motion estimation / motion blur suppression / image reconstruction / / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-IE IEICE-ITS MMS ME AIT  
開催期間 2021-02-18 - 2021-02-19 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英) Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-IE 
会議コード 2021-02-IE-ITS-MMS-ME-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 単一光子検出型撮像方式によるビットプレーン列からの被写体毎の動き推定とその応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Image Reconstruction Technique using Object's Motion for Single Photon Imaging 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 単一光子検出型撮像方式 / single-photon imaging  
キーワード(2)(和/英) 動き推定 / motion estimation  
キーワード(3)(和/英) 動きぼけ抑制 / motion blur suppression  
キーワード(4)(和/英) 画像再構成 / image reconstruction  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩渕 清隆 / Kiyotaka Iwabuchi / イワブチ キヨタカ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 裕介 / Yusuke Kameda / カメダ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜本 隆之 / Takayuki Hamamoto /
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-02-18 16:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IEICE-IE 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-45 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会