お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-02-18 15:15
タイコグラフィにおける位相回復の停滞回避に関する検討
小澤 怜室蘭工大)・前原洋祐ドゥウェル)・髙岡 旭塩谷浩之室蘭工大
抄録 (和) 回折イメージングとは,回折パターンから実像を再構成する手法であり,計算機がレンズの機能を代替する.試料に放射線や電子線を照射することで,物体波のフーエリ強度を検出できるが,フーリエ位相を観測できない.そこで,実・逆空間拘束条件の適用とフーリエ変換を繰り返すGSアルゴリズムによって,フーリエ位相を回復し像を再構成する.タイコグラフィはビーム径より大きな試料や複素試料のイメージングに効果を発揮する.この手法は適切なオーバラップ率の下で試料中の複数の部分領域のフーリエ強度を観測し,各領域で位相回復を行う.しかし,このオーバラップ率が十分でないとき回復が停滞する.本論文では,この回復の停滞を抜け出すためのタイコグラフィにおける局所探索法を提案する. 
(英) Diffractive imaging is a method of reconstructing an image from an observed diffraction pattern, in which a computer substitutes the function of lenses. By irradiating an object with radiation or electron beam, the Fourier intensity of the object is observed, but not the Fourier phase. Therefore, GS algorithm has been used to retrieve the Fourier phase. The algorithm repeats imposition of real / inverse constraints and Fourier transform. Ptychography enables imaging of objects which are larger than the beam diameter and complex objects. This method retrieves Fourier phases in multiple regions of an object with each observed Fourier intensity if the overlap ratio is sufficient. However, when the overlap ratio is insufficient, retrieving Fourier phase is stagnant. In this paper, we propose a local search method on ptychography to avoid the stagnation.
キーワード (和) 回折イメージング / タイコグラフィ / 複素位相回復 / / / / /  
(英) Diffractive imaging / Ptychography / Complex phase retrieval / / / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-IE IEICE-ITS MMS ME AIT  
開催期間 2021-02-18 - 2021-02-19 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英) Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-IE 
会議コード 2021-02-IE-ITS-MMS-ME-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) タイコグラフィにおける位相回復の停滞回避に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on avoiding phase-retrieval stagnation for ptychography 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 回折イメージング / Diffractive imaging  
キーワード(2)(和/英) タイコグラフィ / Ptychography  
キーワード(3)(和/英) 複素位相回復 / Complex phase retrieval  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小澤 怜 / Ryo Ozawa / オザワ リョウ
第1著者 所属(和/英) 室蘭工業大学 (略称: 室蘭工大)
Muroran Institute of Technology (略称: Muroran IT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前原 洋祐 / Yosuke Maehara / マエハラ ヨウスケ
第2著者 所属(和/英) ドゥウェル株式会社 (略称: ドゥウェル)
DOWELL Corporation (略称: DOWELL)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 髙岡 旭 / Asahi Takaoka / タカオカ アサヒ
第3著者 所属(和/英) 室蘭工業大学 (略称: 室蘭工大)
Muroran Institute of Technology (略称: Muroran IT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩谷 浩之 / Hiroyuki Shioya / シオヤ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 室蘭工業大学 (略称: 室蘭工大)
Muroran Institute of Technology (略称: Muroran IT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-02-18 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IEICE-IE 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-45 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会