お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-02-18 13:00
海上公共交通のGTFS Realtime化に向けたAIS受信局の信頼エリア自己評価
山根直樹徳山高専)・砂田智裕浦田数馬岡村健史郎大島商船高専)・浦上美佐子徳山高専
抄録 (和) GTFS(General Transit Feed Specification)Realtimeによるモビリティの動的データ公開を行うには,一定間隔で位置を受信する必要があり,通信環境の整備途上の海上域では進んでいない.筆者らは,海上交通の安全性向上のために国際条約で定められている AIS(Automatic Identification System:船舶自動識別装置)の通信網を船舶ロケーションシステムに2次利用する取組みを行っている.AIS データ2次利用の実現に向けて,対象となる AIS 搭載船から送信されたデータを受信することができる陸上の AIS 受信局の位置決めが導入時に必要になる.そこで,本稿では,AIS データ2次利用の有用性について述べ,受信局の実験をする.そして,受信記録をもとに信頼エリアを自己評価する方法について提案し,最後に,運航している旅客船航路が信頼エリアに含まれるかを,カバー率の指標として算出し,本手法が実運用可能な受信局評価となることを示す. 
(英) GTFS (General Transit Feed Specification) Realtime is not advanced in the maritime filed because it is necessary to receive positions at regular intervals, and the communication environment is still under development. The authors are working on the secondary use of the AIS (Automatic Identification System) communication network for the ship location system. AIS is stipulated in international conventions to improve the safety of marine traffic. To realize the secondary use of AIS data, the positioning of AIS receiving stations is necessary at the time of introduction. In this paper, we propose and experiment the usefulness of secondary use of AIS data. We discuss the method for self-Evaluation of coverage area based on the reception records. Finally, to ensure that the method can be used in practice, we calculated the coverage rate of whether the route is included in the area or not.
キーワード (和) 船舶ロケーションシステム / オープンデータ / GTFS / AIS / 凸包 / ロスト / 受信エリア評価 /  
(英) Maritime Location System / Open Data / GTFS / AIS / Convex Hull / Lost / Evaluation of Coverage Area /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-IE IEICE-ITS MMS ME AIT  
開催期間 2021-02-18 - 2021-02-19 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英) Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-ITS 
会議コード 2021-02-IE-ITS-MMS-ME-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 海上公共交通のGTFS Realtime化に向けたAIS受信局の信頼エリア自己評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Self-Evaluation of AIS Station Coverage Area for GTFS Realtime of Maritime Public Transport 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 船舶ロケーションシステム / Maritime Location System  
キーワード(2)(和/英) オープンデータ / Open Data  
キーワード(3)(和/英) GTFS / GTFS  
キーワード(4)(和/英) AIS / AIS  
キーワード(5)(和/英) 凸包 / Convex Hull  
キーワード(6)(和/英) ロスト / Lost  
キーワード(7)(和/英) 受信エリア評価 / Evaluation of Coverage Area  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山根 直樹 / Naoki Yamane / ヤマネ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 徳山工業高等専門学校 (略称: 徳山高専)
National Institute of Technology, Tokuyama College (略称: NIT,Tokuyama College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 砂田 智裕 / Tomohiro Sunada / スナダ トモヒロ
第2著者 所属(和/英) 大島商船高等専門学校 (略称: 大島商船高専)
National Institute of Technology, Oshima College (略称: NIT, Oshima College)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 浦田 数馬 / Kazuma Urata / ウラタ カズマ
第3著者 所属(和/英) 大島商船高等専門学校 (略称: 大島商船高専)
National Institute of Technology, Oshima College (略称: NIT, Oshima College)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡村 健史郎 / Kenshiro Okamura / オカムラ ケンシロウ
第4著者 所属(和/英) 大島商船高等専門学校 (略称: 大島商船高専)
National Institute of Technology, Oshima College (略称: NIT, Oshima College)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 浦上 美佐子 / Misako Urakami / ウラカミ ミサコ
第5著者 所属(和/英) 徳山工業高等専門学校 (略称: 徳山高専)
National Institute of Technology, Tokuyama College (略称: NIT,Tokuyama College)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-02-18 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IEICE-ITS 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-45 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会