お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-08 11:15
印象派技法を用いたゲームヴィジュアルの視認性向上手法の提案
長谷川夏香川島基展早川大地東京工科大
抄録 (和) 近年のゲームコンテンツにおけるヴィジュアル表現は高度化している.写実的な作品は実写と区別がつかないほどリアリティがあり,イラスト調の作品は原画の美しさをほぼそのままゲームとして表現することが可能になった.しかし,表現可能な世界が大規模になったことから,背景と登場キャラクタたちとの組み合わせや特殊効果の発動状況により絵のバランスが崩れてしまい,視認性を欠いてしまう状況が生ずることがある.本研究では,印象派の絵画技法を活かし,美術的な観点からゲームヴィジュアルの視認性を動的に改善する手法を提案する. 
(英) Visual expression in game contents in recent years has become more sophisticated. Realistic works are so realistic that they are indistinguishable from live-action works, and illustration-like works can express the beauty of the original picture almost as it is as a game. However, as the world that can be expressed has become large, the balance of the picture may be lost due to the combination of the background and the characters that appear and the activation status of special effects, resulting in a situation where visibility is lost. In this study, we propose a method to dynamically improve the visibility of game visuals from an artistic point of view by utilizing Impressionist painting techniques.
キーワード (和) 絵画 / ゲームコンテンツ / 3DCG / 印象派 / / / /  
(英) Art / Game contents / 3DCG / Impressionism / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 45, no. 8, AIT2021-35, pp. 25-28, 2021年3月.
資料番号 AIT2021-35 
発行日 2021-03-01 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2021-03-08 - 2021-03-08 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2021(Expressive Japan 2021) 
テーマ(英) Expressive Japan 2021 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2021-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 印象派技法を用いたゲームヴィジュアルの視認性向上手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of a method for improving the visibility of game visuals using impressionist techniques 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 絵画 / Art  
キーワード(2)(和/英) ゲームコンテンツ / Game contents  
キーワード(3)(和/英) 3DCG / 3DCG  
キーワード(4)(和/英) 印象派 / Impressionism  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 夏香 / Natsuka Hasegawa / ハセガワ ナツカ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川島 基展 / Motonobu Kawashima / カワシマ モトノブ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 早川 大地 / Daichi Hayakawa / ハヤカワ ダイチ
第3著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-08 11:15:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AIT 
資料番号 ITE-AIT2021-35 
巻番号(vol) ITE-45 
号番号(no) no.8 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2021-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会