お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-08 11:15
水中VRコンテンツの没入感向上方法の提案
砂原柚香椿 郁子東京工科大
抄録 (和) 多様なVRコンテンツが存在する中、姿勢や操作方法は画一的なものとなっている。この問題を解決するため、水中VRコンテンツの没入感を高める方法として伏臥位でバタ足操作を行う手法を提案する.おこなった実験では、伏臥位でバタ足操作を行う体験は座ってコントローラーを操作する体験の2倍以上の没入感を得た。 
(英) We propose a method of "fluttering kick while lying down" as a way to increase the immersive feeling of underwater VR contents. In the actual experiment, the experience of operation by flluter kick in the prone position was more than twice as immersive as the experience of operation with a controller in the sitting position.
キーワード (和) VR / 水中 / 没入感 / 姿勢 / / / /  
(英) Virtual Reality / Underwater / Immersion / Posture / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 45, no. 8, AIT2021-56, pp. 103-104, 2021年3月.
資料番号 AIT2021-56 
発行日 2021-03-01 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2021-03-08 - 2021-03-08 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2021(Expressive Japan 2021) 
テーマ(英) Expressive Japan 2021 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2021-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 水中VRコンテンツの没入感向上方法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A method to increase the sense of immersion in Virtual Reality content with an underwater theme. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) VR / Virtual Reality  
キーワード(2)(和/英) 水中 / Underwater  
キーワード(3)(和/英) 没入感 / Immersion  
キーワード(4)(和/英) 姿勢 / Posture  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 砂原 柚香 / Yuka Sunahara / スナハラ ユカ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo University of Technology)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 椿 郁子 / Ikuko Tsubaki / ツバキ イクコ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo University of Technology)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-08 11:15:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AIT 
資料番号 ITE-AIT2021-56 
巻番号(vol) ITE-45 
号番号(no) no.8 
ページ範囲 pp.103-104 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-AIT-2021-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会