お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-08 15:00
お絵描きプロジェクションマッピングについての研究
一重元希石川知一東洋大
抄録 (和) プロジェクションマッピングとは,CGなどコンピュータで作成した動画像とプロジェクター等の映写機器を用い, 現実世界の立体物に映像を映し,音と同期させることもある技術のことである。絵を描いている最中にも自分の絵がすぐにスキ ャンされ,自分の描いている絵が立体的になるように CG 映像を投影できれば,平面にお絵描きをしているだけなのに,自分で 3D の絵を描いているような感覚になることができ,プロジェクションマッピングとしても,お絵描きとしても今まで体験した ことがなく,より直観的で新しい体験ができると考えた。そこで我々は,自由にお絵描きをした絵に立体感のあるプロジェクシ ョンマッピングを施すことを考えた。
実験ではホワイトボードに描いた絵に画像処理,三次元 CG 処理を行ったものをプロジェクターで投影し,正しく処理されて いるか,投影されているかの確認を行った。実験のときに生じた,投影した光のせいで読み取る画像の色合いが変わってしまい, 2 回目以降の投影処理が正しく処理されない問題の解決策とその解決策の実装,解決策が正しかったかどうかの議論を行った。 
(英) Projection mapping is a technology that projects movies onto 3D objects in the real world using computer-generated animations such as computer graphics and some projection equipment, sometimes synchronized with sound. We thought that if we could project CG images so that user drawing is immediately scanned and becomes three-dimensional in drawing, the user will feel as if they are drawing a 3D picture themselves even though they are only drawing on a flat surface, and they will be able to have a more intuitive and brand-new experience as either projection mapping or drawing.
In this experiment, the pictures drawn on the whiteboard were subjected to image processing and 3D CG processing, and projected using a projector to check whether they were processed and projected correctly. We discuss the solution to the problem that arose during the experiment, where the projected light changed the color of the user drawing image to be read and the second and subsequent projection processes are not processed correctly, the implementation, and the evaluation.
キーワード (和) プロジェクションマッピング / 画像処理 / シェーディング / / / / /  
(英) Projection mapping / image processing / shading / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 45, no. 8, AIT2021-125, pp. 319-320, 2021年3月.
資料番号  
発行日 2021-03-01 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2021-03-08 - 2021-03-08 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2021(Expressive Japan 2021) 
テーマ(英) Expressive Japan 2021 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IIEEJ 
会議コード 2021-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) お絵描きプロジェクションマッピングについての研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Research on drawing projection mapping 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プロジェクションマッピング / Projection mapping  
キーワード(2)(和/英) 画像処理 / image processing  
キーワード(3)(和/英) シェーディング / shading  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 一重 元希 / Motoki Ichiju / イチジュウ モトキ
第1著者 所属(和/英) 東洋大学 (略称: 東洋大)
Toyo University (略称: Toyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 知一 / Tomokazu Ishikawa / イシカワ トモカズ
第2著者 所属(和/英) 東洋大学 (略称: 東洋大)
Toyo University (略称: Toyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-08 15:00:00 
発表時間 75 
申込先研究会 IIEEJ 
資料番号 ITE-AIT2021-125 
巻番号(vol) ITE-45 
号番号(no) no.8 
ページ範囲 pp.319-320 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-AIT-2021-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会