お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-08-17 14:45
デュアルゲインCMOSイメージセンサによるHDR画像の画像認識
北村拓也吉田康太池田哲志立命館大)・池永伸一高柳 功ブリルニクスジャパン)・大倉俊介立命館大
抄録 (和) ハイダイナミックレンジ(HDR)型CMOSイメージセンサは,屋外などの極端な照度環境下における認識のためのマシンビジョン用途として期待されている.このHDR型CMOSイメージセンサを実現するための一つの方法として,デュアルゲインコンバージョンゲインのイメージセンサが提案された.しかし,深層学習を用いて画像認識を行うためには,8bitの画像データでトレーニングされた畳み込みニューラルネットワーク(CNN)に適用するため,このイメージセンサで撮影された16bit画像を8bit画像に変換する必要がある.本論文では,コントラスト差の大きな照度環境で異なる色温度環境下において,HDR型CMOSイメージセンサを用いて撮影した画像の認識結果について報告する. 
(英) High dynamic range (HDR) CMOS image sensors are expected to be used for machine vision applications for recognition under extreme illumination conditions such as outdoors. A dual-gain readout image sensor has been proposed as one way to realize this HDR CMOS image sensor. However, to perform image recognition, it is necessary to convert 16-bit images captured by this image sensor into 8-bit images and apply them to a convolutional neural network (CNN) trained with 8-bit image data. In this paper, we report on the recognition results of images captured with an HDR CMOS image sensor under illumination environments with large contrast and various color temperatures.
キーワード (和) HDR / CMOS / CNN / ヒストグラム平坦化 / / / /  
(英) HDR / CMOS / CNN / histogram-equalization / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 45, no. 21, IST2021-45, pp. 41-45, 2021年8月.
資料番号 IST2021-45 
発行日 2021-08-10 (IST) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-SDM IEICE-ICD IST  
開催期間 2021-08-17 - 2021-08-18 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) アナログ、アナデジ混載、RF及びセンサインタフェース回路、低電圧・低消費電力技術、新デバイス・回路とその応用 
テーマ(英) Analog, Mixed Analog and Digital, RF, and Sensor Interface, Low Voltage/Low Power Techniques, Novel Devices/Circuits, and the Applications 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2021-08-SDM-ICD-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) デュアルゲインCMOSイメージセンサによるHDR画像の画像認識 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Image Recognition of HDR Images with Dual Gain CMOS Image Sensor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) HDR / HDR  
キーワード(2)(和/英) CMOS / CMOS  
キーワード(3)(和/英) CNN / CNN  
キーワード(4)(和/英) ヒストグラム平坦化 / histogram-equalization  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北村 拓也 / Takuya Kitamura / キタムラ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 康太 / Kota Yoshida / ヨシダ コウタ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 哲志 / Tetsushi Ikeda / イケダ テツシ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 池永 伸一 / Shinichi Ikenaga / イケナガ シンイチ
第4著者 所属(和/英) ブリルニクスジャパン株式会社 (略称: ブリルニクスジャパン)
Brillnics Japan Inc. (略称: Brillnics)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高柳 功 / Isao Takayanagi / タカヤナギ イサオ
第5著者 所属(和/英) ブリルニクスジャパン株式会社 (略称: ブリルニクスジャパン)
Brillnics Japan Inc. (略称: Brillnics)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 大倉 俊介 / Shunsuke Okura / オオクラ シュンスケ
第6著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-08-17 14:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2021-45 
巻番号(vol) ITE-45 
号番号(no) no.21 
ページ範囲 pp.41-45 
ページ数 ITE-5 
発行日 ITE-IST-2021-08-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会