お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-08-18 16:00
LOFIC型CMOSイメージセンサに用いる小面積読み出し回路
大谷 愛大倉俊介立命館大)・宮内 健韓 相萬大和田英樹高柳 功ブリルニクス
抄録 (和) HDRイメージセンサを実現するLOFICは低変換利得(LCG)と高変換利得(HCG)における信号をそれぞれ高い飽和信号と低い読み出しノイズのために用いるが,LCGとHCGの信号極性が逆であるため,読み出し回路が2チャンネル必要になる.
そこで、LCG信号とHCG信号に対して,それぞれ非反転減衰および反転増幅で読み出し可能な回路を検討した.
同一のADCでディジタル変換可能となり,
1チャンネル読出しにより小面積化が可能となる.
また,LCG信号はアンプを用いない減衰回路読出しのため,消費電力を減らすことも可能となる. 
(英) LOFIC is utilized to realize HDR image sensor, in which low conversion gain (LCG) and
high conversion gain (HCG) signal are respectively utilized to realize large full well capacity and small dark noise.
However, the LOFIC requires double readout circuits, since the signal direction of LCG and HCG are opposite to each others.
In order to provide cost efficient LOFIC CMOS image sensor, the readout circuit which can process both LOFIC HCG and LCG signal (opposite direction) is studied. A combination circuit of an inverting amplifier for HCG and a non-inverting attenuator for LCG could be a solution.
The power consumption can be also reduced without amplifier during LCG readout.
キーワード (和) CMOSイメージセンサ / LOFIC / HDR / 読み出し回路 / 小面積 / / /  
(英) CMOS ImageSensor / LOFIC / HDR / readout circuit / Small area / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 45, no. 21, IST2021-46, pp. 103-107, 2021年8月.
資料番号 IST2021-46 
発行日 2021-08-10 (IST) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-SDM IEICE-ICD IST  
開催期間 2021-08-17 - 2021-08-18 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) アナログ、アナデジ混載、RF及びセンサインタフェース回路、低電圧・低消費電力技術、新デバイス・回路とその応用 
テーマ(英) Analog, Mixed Analog and Digital, RF, and Sensor Interface, Low Voltage/Low Power Techniques, Novel Devices/Circuits, and the Applications 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2021-08-SDM-ICD-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LOFIC型CMOSイメージセンサに用いる小面積読み出し回路 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Area Efficient Readout Circuit for CMOS Image Sensor with Lateral Overflow Integration Capacitor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CMOSイメージセンサ / CMOS ImageSensor  
キーワード(2)(和/英) LOFIC / LOFIC  
キーワード(3)(和/英) HDR / HDR  
キーワード(4)(和/英) 読み出し回路 / readout circuit  
キーワード(5)(和/英) 小面積 / Small area  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大谷 愛 / Ai Otani / オオタニ アイ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大倉 俊介 / Shunsuke Okura / オオクラ シュンスケ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮内 健 / Ken Miyauchi / ミヤウチ ケン
第3著者 所属(和/英) ブリルニクスジャパン株式会社 (略称: ブリルニクス)
Brillnics Japan Inc. (略称: BRILLNICS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 韓 相萬 / Sangman Han / ハン サンマン
第4著者 所属(和/英) ブリルニクスジャパン株式会社 (略称: ブリルニクス)
Brillnics Japan Inc. (略称: BRILLNICS)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大和田 英樹 / Hideki Owada / オオワダ ヒデキ
第5著者 所属(和/英) ブリルニクスジャパン株式会社 (略称: ブリルニクス)
Brillnics Japan Inc. (略称: BRILLNICS)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 高柳 功 / Isao Takayanagi / タカヤナギ イサオ
第6著者 所属(和/英) ブリルニクスジャパン株式会社 (略称: ブリルニクス)
Brillnics Japan Inc. (略称: BRILLNICS)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-08-18 16:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2021-46 
巻番号(vol) ITE-45 
号番号(no) no.21 
ページ範囲 pp.103-107 
ページ数 ITE-5 
発行日 ITE-IST-2021-08-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会