お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-08-25 13:00
グレースケールに基づくEtCシステムのための可逆な画像情報埋込法
李 瑞峰藤吉正明都立大
抄録 (和) 本稿は,画像を暗号化した後に圧縮するEncryption-then-Compression (EtC)システムで利用可能な,画像を対象とする情報埋込法を提案している.あるEtCシステムは,画像を重複しないブロックに分割し,ブロックの入替,ブロックの回転・反転,ブロック内の画素値反転,ブロック内の色成分入替の4処理を,独立にかつランダムに適用することで,画像を視覚暗号化する.提案法はこの暗号化に対して,暗号化前の画像へ見えないように重畳した埋込情報を,暗号化後の画像から抽出することが可能である.また,埋込情報を画像から除去し埋込の影響を完全に排除可能な可逆手法である.同じEtCシステムを対象とする可逆情報埋込の従来法がブロックの入替,ブロックの回転・反転だけに対応している一方,提案法はブロック内の画素値反転にも対応している.さらに,この従来法は情報埋込に用いた画像依存の情報を埋込情報抽出時にも必要とするが,提案法は必要としない.性能評価の結果,提案法の有効性が示されている. 
(英) This paper proposes an encryption-then-compression (EtC) system-friendly data hiding method for images, where an EtC system compresses images after they are encrypted. The EtC system divides an image into non-overlapping blocks and applies the four processes, namely, block permutation, rotation/flipping of blocks, inverting brightness, and color component permutation in blocks, independently and randomly to the image to visually encrypt the image. The proposed method hides data to a plain, i.e., unencrypted image and the method can take embedded data out from the image encrypted by the system. Moreover, the method can perfectly recover the unmarked image from the marked, viz., reversible. The proposed method copes with block permutation, rotation/flipping of blocks, and inverting brightness in blocks, whereas the conventional methods for the system only copes with the former two processes. Furthermore, this conventional method requires the image-dependent information, used in data hiding, to extract embedded data, but the proposed method does not need such information. Experimental results show the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) ブロックスクランブル暗号化 / パラメタ記憶不要情報埋込 / 知覚的暗号化 / / / / /  
(英) block-based visual encryption / parameter memorization-free data hiding / perceptual encryption / / / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-LOIS IEICE-EMM IEICE-IE IEE-CMN ME IPSJ-AVM  
開催期間 2021-08-25 - 2021-08-26 
開催地(和) オンライン開催(FIT2021と併催) 
開催地(英) Online 
テーマ(和) マルチメディア通信/システム,ライフログ活用技術,IP放送/映像伝送,メディアセキュリティ,メディア処理(AI,深層学習),一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-EMM 
会議コード 2021-08-ME-EMM-IE-LOIS-CMN-AVM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) グレースケールに基づくEtCシステムのための可逆な画像情報埋込法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Reversible Data Hiding Scheme for the Grayscale-Based EtC System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブロックスクランブル暗号化 / block-based visual encryption  
キーワード(2)(和/英) パラメタ記憶不要情報埋込 / parameter memorization-free data hiding  
キーワード(3)(和/英) 知覚的暗号化 / perceptual encryption  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 瑞峰 / Ruifeng Li / リ ウェイフ
第1著者 所属(和/英) 東京都立大学 (略称: 都立大)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤吉 正明 / Masaaki Fujiyoshi / フジヨシ マサアキ
第2著者 所属(和/英) 東京都立大学 (略称: 都立大)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-08-25 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IEICE-EMM 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-45 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会