お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-10-08 10:50
SfMのための画像輝度補正に関する一検討
高橋一彰藤吉正明都立大
抄録 (和) 本稿は,多数の写真による写真セットから三次元モデルを生成するStructure from Motion (SfM)への,輝度補正の応用を検討している.SfMは,複数の写真個々に特徴点を抽出し,特徴点で算出された特徴量に基づき写真間の特徴点を対応づけ,拘束条件を満たす特徴点から三次元撮影位置と三次元特徴点位置とを算出することで,三次元点群を得る.写真セットによっては,写真に暗い部分が含まれ三次元モデルを構築できない場合があるが,その原因の一つは暗い部分の特徴点を抽出できないことにある.そこで本稿では,SfMの前処理として写真に輝度補正を適用することを検討している.検討に用いた輝度補正法すべてで暗部のコントラストが改善しているが,改善が十分でない方法や明部も大きく補正され特徴点が失われた方法も確認されている.また,輝度補正法を抽出特徴点数,対応特徴点数,三次元化された点群数の三点で評価したところ,写真セットによって性能が向上した輝度補正法が異なることも確認されている.この結果から,写真セットの特徴に応じて輝度補正法を選択できる可能性が示唆されている. 
(英) This paper investigates the application of contrast enhancement to photographs for structure from motion (SfM), where SfM constructs a three-dimensional (3D) model of the subject from a set of multiple pictures of the subject taken from the surroundings. In the pipeline of SfM, feature points are first extracted from each photograph, then, extracted feature points are matched between all pair of photographs based on the feature values calculated at the feature points. After that, the photo shooting positions and feature points positions that satisfy the constraint conditions in 3D coordinates are calculated from matched feature points to obtain a 3D point cloud. One of the reasons that no 3D model is constructed from the set of photographs including ones with dark regions is that feature points cannot be adequately extracted from the dark areas. To this end, this paper considers applying contrast enhancement to photographs as a preprocessing process of SfM. All the investigated contrast enhancement techniques improves contrast in dark areas, but some of them insufficiently enhance the contrast in dark regions and some others over-brighten bright areas that results in loss of some of feature points in bright areas. In addition, from performance evaluation based on the number of extracted feature points per picture, the number of matched feature points, and the number of points in the 3D point cloud, it is confirmed that the suitable contrast enhance technique depends on the set of photographs. These results suggests that it is possible to select the contrast enhanced technique to be used according to the characteristics of the set of photographs.
キーワード (和) コントラスト強調 / 3Dモデル / ヒストグラム / SLAM / 写真測量 / / /  
(英) contrast stretching / three-dimensional model / histogram / SLAM / digital photogrammetry / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEICE-SIS  
開催期間 2021-10-07 - 2021-10-08 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) online 
テーマ(和) システム実現技術, 近距離通信応用システム, 知的マルチメディア処理システム,放送技術および一般 
テーマ(英) System Implementation Technology, Short Range Wireless Systems, Smart Multimedia Systems, Broadcasting Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-SIS 
会議コード 2021-10-SIS-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SfMのための画像輝度補正に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Contrast Enhancement of Images for SfM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コントラスト強調 / contrast stretching  
キーワード(2)(和/英) 3Dモデル / three-dimensional model  
キーワード(3)(和/英) ヒストグラム / histogram  
キーワード(4)(和/英) SLAM / SLAM  
キーワード(5)(和/英) 写真測量 / digital photogrammetry  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 一彰 / Kazuaki Takahashi / タカハシ カズアキ
第1著者 所属(和/英) 東京都立大学 (略称: 都立大)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤吉 正明 / Masaaki Fujiyoshi / フジヨシ マサアキ
第2著者 所属(和/英) 東京都立大学 (略称: 都立大)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-10-08 10:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IEICE-SIS 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-45 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会