お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-10-08 13:50
Gdx-Fe1-x磁性細線を用いた磁気光学光変調素子の電流誘起磁壁移動特性
早乙女巧真東海大)・青島賢一NHK)・保坂千都東京電機大)・船橋信彦東田 諒NHK)・秋山泰伸東海大)・町田賢司NHK
抄録 (和) 電流誘起磁壁移動を用いた磁気光学光変調素子(MO素子)はナノマグネット(NM)とGd-Fe磁性細線で構成される。NMによりGd-Fe磁性細線上に初期磁区が生成する。電流により初期磁区を拡大・縮小し磁化反転することで光変調を行う。今回、Gd-Feの組成(Gd24.5, Gd24.1%)を変えたMO素子を試作し、磁壁移動特性の違いを調べた。Gd24.5%のMO素子はGd24.1%の素子に比べて保磁力が大きく、動作電流が1.1mA~1.3mAとGd24.1%の素子(1.0mA)に比べて高いが、磁壁移動距離は大きく、光変調を行う領域が1.20 μmとGd24.1%の素子(0.33μm)に比べてはるかに大きかった。Gd24.5%の素子ではより大きな面積で光変調ができるため、大幅な光利用効率の向上がはかれることが分かった。 
(英) A magneto-optical light modulation element (MO element) using current-induced domain wall movement is composed of a nanomagnet (NM) and a Gd-Fe magnetic wire. An initial magnetic domain is generated on the Gd-Fe magnetic wire by NM. Optical modulation is performed by enlarging / reducing the initial magnetic domain with an electric current and reversing the magnetization. This time, we made a prototype MO element with different Gd-Fe composition (Gd24.5, Gd24.1%) and investigated the difference in domain wall movement characteristics. The MO element with Gd24.5% has a larger coercive force than the element with Gd24.1%, and the operating current is 1.1mA to 1.3mA, which is higher than the element with Gd24.1% (1.0mA), but the domain wall movement distance. Was large, and the region for optical modulation was 1.20μm, which was much larger than that of the device with Gd 24.1% (0.33μm). It was found that the Gd24.5% element can perform optical modulation in a larger area, which can greatly improve the optical utilization efficiency.
キーワード (和) 電子ホログラフィ / 電流誘起磁壁移動 / 磁気光学Kerr効果 / / / / /  
(英) Electron holography / current-driven domain wall movement / magneto-optical Kerr effect / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 45, no. 28, MMS2021-33, pp. 13-18, 2021年10月.
資料番号 MMS2021-33 
発行日 2021-10-01 (MMS) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-MRIS MMS  
開催期間 2021-10-08 - 2021-10-08 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) ヘッド,スピントロニクス,固体メモリ, 媒体, 一般 
テーマ(英) Recording Head, Spintronics, Solid State Memory, Media, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MMS 
会議コード 2021-10-MRIS-MMS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Gdx-Fe1-x磁性細線を用いた磁気光学光変調素子の電流誘起磁壁移動特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Current induced domain wall motion for magneto-optical light modulator with Gdx-Fe1-x magnetic nanowires. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電子ホログラフィ / Electron holography  
キーワード(2)(和/英) 電流誘起磁壁移動 / current-driven domain wall movement  
キーワード(3)(和/英) 磁気光学Kerr効果 / magneto-optical Kerr effect  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 早乙女 巧真 / Takuma Sotome / ソウトメ タクマ
第1著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青島 賢一 / Kenichi Aoshima / アオシマ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science and Technology Research Laboratories (略称: NHKstrl)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 保坂 千都 / Kazuto Hosaka / ホサカ カズト
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 船橋 信彦 / Nobuhiko Funabashi / フナバシ ノブヒコ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science and Technology Research Laboratories (略称: NHKstrl)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 東田 諒 / Ryo Higashida / ヒガシダ リョウ
第5著者 所属(和/英) 日本放送協会 放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science and Technology Research Laboratories (略称: NHKstrl)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋山 泰伸 / Yasunobu Akiyama / アキヤマ ヤスノブ
第6著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 町田 賢司 / Kenji Machida / マチダ ケンジ
第7著者 所属(和/英) 日本放送協会 放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science and Technology Research Laboratories (略称: NHKstrl)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-10-08 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MMS 
資料番号 ITE-MMS2021-33 
巻番号(vol) ITE-45 
号番号(no) no.28 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 ITE-6 
発行日 ITE-MMS-2021-10-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会