お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-11-29 14:45
[依頼講演]空間共有コンテンツ視聴システム ~ 離れた場所の人と一緒にAR・VRコンテンツを体感 ~
半田拓也NHK)・吉野数馬NES)・川喜田裕之久富健介NHK
抄録 (和) NHK技研では,テレビの枠を超えた体験や,コンテンツを通じた人とのより深いつながりを提供するサービスの研究を進めている.本稿では,AR(Augmented Reality)やVR(Virtual Reality)技術により,離れた場所の人とあたかも同じ空間で一緒にコンテンツを体験しているように感じられるシステムを紹介する. 
(英) NHK STRL is pursuing research on experiences that will exceed the framework of conventional television and will encourage deeper connections with others through the content. In this paper, we present a system that uses augmented reality (AR) and virtual reality (VR) technologies to enable people in distant locations to experience content together in ways that feel as though they are in the same space.
キーワード (和) 空間共有 / VR / AR / イマーシブメディア / / / /  
(英) Space-sharing / Virtual Reality / Augmented Reality / Immersive media / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 45, no. 37, IDY2021-27, pp. 21-24, 2021年11月.
資料番号 IDY2021-27 
発行日 2021-11-22 (IDY, AIT, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IDY 3DIT IIEEJ IEICE-EID IEE-EDD VRSJ  
開催期間 2021-11-29 - 2021-11-29 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 高臨場感ディスプレイフォーラム 2021 ~ 高臨場感映像を創る・高臨場感映像で魅せる ~ 
テーマ(英) Hyper-Realistic Display Forum 2021 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IDY 
会議コード 2021-11-AIT-IDY-3DIT-IIEEJ-EID-EDD-VRSJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 空間共有コンテンツ視聴システム 
サブタイトル(和) 離れた場所の人と一緒にAR・VRコンテンツを体感 
タイトル(英) Space-Sharing Content Viewing System 
サブタイトル(英) Experiencing AR and VR content with someone at a distant location 
キーワード(1)(和/英) 空間共有 / Space-sharing  
キーワード(2)(和/英) VR / Virtual Reality  
キーワード(3)(和/英) AR / Augmented Reality  
キーワード(4)(和/英) イマーシブメディア / Immersive media  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 半田 拓也 / Takuya Handa / ハンダ タクヤ
第1著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporatio (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉野 数馬 / Kazuma Yoshino / ヨシノ カズマ
第2著者 所属(和/英) NHKエンジニアリングシステム (略称: NES)
NHK Engineering Sytem, Inc. (略称: NES)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川喜田 裕之 / Hiroyuki Kawakita / カワキタ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporatio (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 久富 健介 / Kensuke Hisatomi / ヒサトミ ケンスケ
第4著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporatio (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-11-29 14:45:00 
発表時間 45 
申込先研究会 IDY 
資料番号 ITE-IDY2021-27,ITE-AIT2021-158,ITE-3DIT2021-52 
巻番号(vol) ITE-45 
号番号(no) no.37 
ページ範囲 pp.21-24 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IDY-2021-11-22,ITE-AIT-2021-11-22,ITE-3DIT-2021-11-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会