お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-02-21 16:30
信頼区間を用いたV2X向けパケット到達率マップの構築手法
向田敦紀上田有由夢片桐啓太藤井威生電通大
抄録 (和) 高信頼なV2X通信の実現に向け,近年,電波マップの活用が議論されている.V2X向け電波マップの構築では,各車両は受信電力値などの電波環境情報を実観測し,観測結果をクラウドサーバに報告する.クラウドサーバは,観測データ群を場所ごとに統計処理し,電波マップとして保持する.
電波マップを補助情報として活用することで,各通信端末は場所依存の電波伝搬特性を精度よく予測でき,予測結果に基づき通信パラメータを適応的に設計できる.
一方,V2Xでは送受信車両が動的に移動するため,各場所における観測データ数が極端に減少し,受信電力の外れ値などによりマップの信頼度が低下する恐れがある.
そこで本稿では,母比率の区間推定に基づき各場所におけるパケット到達率(PDR: Packet Delivery Rate)の下側信頼限界値を補正する手法を提案する.シミュレーション結果より,提案手法を用いることで,PDRの下側信頼限界値を補正しない手法と比較し,高信頼なV2X通信が実現出来ることを示す. 
(英) Recently, a radio map has been attracted attention for realizing reliable V2X communications. To create the radio map for V2X communications, each vehicle observes radio environment information, such as the received signal power, and reports the information to a cloud server. The cloud server constructs the radio map by processing the reported information. Communication parameters can be properly designed using the radio map because of the accurate estimation of the radio propagation. However, an inaccurate radio map may be created in V2X communications owing to the small number of observation data. Thus, this paper proposes a method to correct the statistical information of the radio map based on the interval estimation. The simulation results reveal that the proposed method enables us to realize the more reliable V2X communications than the method without correction of the radio map.
キーワード (和) 無線環境データベース / 電波マップ / V2X / 信頼区間 / パケット到達率 / / /  
(英) Radio Environment Database / Radio Map / V2X / Confidence Interval / Packet Delivery Rate / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT ME MMS IEICE-IE IEICE-ITS  
開催期間 2022-02-21 - 2022-02-22 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) online 
テーマ(和) 画像処理、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-ITS 
会議コード 2022-02-IE-ITS-AIT-ME-MMS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 信頼区間を用いたV2X向けパケット到達率マップの構築手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Constructing Packet Delivery Rate-Based Map for V2X Using Confidence Interval 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線環境データベース / Radio Environment Database  
キーワード(2)(和/英) 電波マップ / Radio Map  
キーワード(3)(和/英) V2X / V2X  
キーワード(4)(和/英) 信頼区間 / Confidence Interval  
キーワード(5)(和/英) パケット到達率 / Packet Delivery Rate  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 向田 敦紀 / Atsuki Mukoda / ムコウダ アツキ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 有由夢 / Ayumu Ueda / ウエダ アユム
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 片桐 啓太 / Keita Katagiri / カタギリ ケイタ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 威生 / Takeo Fujii / フジイ タケオ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-02-21 16:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 IEICE-ITS 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-46 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会