お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-02-21 11:00
SailormoonRedrawデータを用いたイラストの画風変換について
粟根啓太堀田大地幾田 光松井勇佑東大)・柳瀬直裕ブックウォーカー)・相澤清晴東大
抄録 (和) イラストの作者ごとの特徴は「何を描くか」と「どう描くか」という二つの要素に分けられる.一般に後者 は画風と呼ばれイラストにおいて重要な要素である.我々はある作者のイラストを別の作者の画風に自動的に変換す る深層学習ベースの手法を提案する.教師なし学習により画像変換を行う既存手法はテクスチャの貼り替えのみが行 われるため,キャラクターを維持しながら構造的な変形をする必要がある画風変換は達成できない.我々はこの問題 を解決するため,SailormoonRedraw データから構成される新規のイラストデータセットである SailormoonDataset を 作成した.そして,SailormoonDataset のコンテント一貫性を用いて教師あり学習を行う手法を提案する.今回我々は ファーストステップとしてセーラームーンの顔イラストの画風変換を行った.実験により,提案手法がセーラームーン のアイデンティティを維持しながら,テクスチャだけでなく構造的な変形を行い画風変換を実現することを確認した. 
(英) The author characteristics of illustrations can be divided into two elements: "what to draw" and "how to draw". The latter is called "author style" and is an important factor in illustration. We propose a deep learning-based method that auto- matically translates one’s illustration into another author’s style. Existing unsupervised image translation methods only replace textures, so they cannot achieve author style translation that requires structural transformation while maintaining the character. To solve this problem, we created a novel illustration dataset, SailormoonDataset, which consists of SailormoonRedraw data. We then propose a supervised learning method using the content consistency of the SailormoonDataset. As a first step, we translated the face illustration of Sailormoon. Through experiments, we confirmed that the proposed method achieves the style translation not only by textural but also by structural transformation while maintaining the identity of Sailormoon.
キーワード (和) 深層学習 / 画像生成 / 画像変換 / イラスト制作支援 / / / /  
(英) Deep Learning / Image Generation / Image Translation / Support System for Illustration Production / / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT ME MMS IEICE-IE IEICE-ITS  
開催期間 2022-02-21 - 2022-02-22 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) online 
テーマ(和) 画像処理、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-IE 
会議コード 2022-02-IE-ITS-AIT-ME-MMS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SailormoonRedrawデータを用いたイラストの画風変換について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Illustration author style translation using SailormoonRedraw data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 深層学習 / Deep Learning  
キーワード(2)(和/英) 画像生成 / Image Generation  
キーワード(3)(和/英) 画像変換 / Image Translation  
キーワード(4)(和/英) イラスト制作支援 / Support System for Illustration Production  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 粟根 啓太 / Keita Awane / アワネ ケイタ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀田 大地 / Daichi Horita / ホリタ ダイチ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 幾田 光 / Hikaru Ikuta / イクタ ヒカル
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松井 勇佑 / Yusuke Matsui / マツイ ユウスケ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳瀬 直裕 / Naohiro Yanase / ヤナセ ナオヒロ
第5著者 所属(和/英) 株式会社ブックウォーカー (略称: ブックウォーカー)
BOOK WALKER Co.,Ltd. (略称: BOOK WALKER)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 相澤 清晴 / Kiyoharu Aizawa / アイザワ キヨハル
第6著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-02-21 11:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 IEICE-IE 
資料番号  
巻番号(vol) 46 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会