お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-02-21 16:15
A Note on Realizing Adversarial Defense Based on Regularization of Multi-stage Squeeze-and-Excitation Features
Jiahuan ZhangKeisuke MaedaTakahiro OgawaMiki HaseyamaHokkaido Univ.
抄録 (和) Regularizing deep features is a common adversarial defense method. However, the existing methods do not further explore the effects of regularizing the features with strongly expressive ability on the adversarial robustness. Squeeze-and-Excitation (SE) is a kind of widely used attention modules, which can fully consider the dependencies among different channels so that the output features of SE (SE features) can learn the channel-level importance. On the other hand, the SE features have strong representativeness. Therefore, we regularize a new architecture that combines ResNet and SE in this paper. Extensive white-box attack experiments have fully demonstrated the robustness and effectiveness of the proposed method. Moreover, we also illustrate that regularizing the features with the strongly expressive ability can further improve the robustness. 
(英) Regularizing deep features is a common adversarial defense method. However, the existing methods do not further explore the effects of regularizing the features with strongly expressive ability on the adversarial robustness. Squeeze-and-Excitation (SE) is a kind of widely used attention modules, which can fully consider the dependencies among different channels so that the output features of SE (SE features) can learn the channel-level importance. On the other hand, the SE features have strong representativeness. Therefore, we regularize a new architecture that combines ResNet and SE in this paper. Extensive white-box attack experiments have fully demonstrated the robustness and effectiveness of the proposed method. Moreover, we also illustrate that regularizing the features with the strongly expressive ability can further improve the robustness.
キーワード (和) Adversarial attack / adversarial defense / Squeeze-and-Excitation / ResNet / regularization / / /  
(英) Adversarial attack / adversarial defense / Squeeze-and-Excitation / ResNet / regularization / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 46, no. 6, ME2022-42, pp. 87-90, 2022年2月.
資料番号 ME2022-42 
発行日 2022-02-14 (MMS, ME, AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT ME MMS IEICE-IE IEICE-ITS  
開催期間 2022-02-21 - 2022-02-22 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) online 
テーマ(和) 画像処理、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2022-02-AIT-ME-MMS-IE-ITS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Note on Realizing Adversarial Defense Based on Regularization of Multi-stage Squeeze-and-Excitation Features 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Adversarial attack / Adversarial attack  
キーワード(2)(和/英) adversarial defense / adversarial defense  
キーワード(3)(和/英) Squeeze-and-Excitation / Squeeze-and-Excitation  
キーワード(4)(和/英) ResNet / ResNet  
キーワード(5)(和/英) regularization / regularization  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 張 加煥 / Jiahuan Zhang / チョウ カカン
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 圭介 / Keisuke Maeda / マエダ ケイスケ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 貴弘 / Takahiro Ogawa / オガワ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷山 美紀 / Miki Haseyama / ハセヤマ ミキ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-02-21 16:15:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-MMS2022-17,ITE-ME2022-42,ITE-AIT2022-17 
巻番号(vol) ITE-46 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.87-90 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-MMS-2022-02-14,ITE-ME-2022-02-14,ITE-AIT-2022-02-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会